平成20年のひとりごとを見る


  12月29日
 今日にずれ込んでいた仕事が終わり、窓ふきが終わって、
今年もそろそろお休みに入らせてもらおうかと・・・・。

もっと掃除しないといけないところがあるけど、見なかった
ことにしておこうっと。

たくさんの方にお世話になりました。また、来年もよろしく
お願いします。

  12月25日
 今朝下の子が起きてきて、「サンタさん来なかった・・・・。」


もう、来ないでしょう?大学生のところには来ないでしょう?


家族以外のサンタさんは、いるのかもしれないけど・・・・。
夜中に家の中には入ってこれないもんね。


さて、昨日の夕方、オットとちょっと込み入った話をしていました。
事務所で。
カウンターを挟んで座って、会話がヒートアップし始めて(ケンカでは
ありません。念のため)立ち上がってキレ気味の大きな声で資料の説明
をしてくれて座ろうとしたオットのイスは、キャスター付き、しかも軽い。
予想より後ろにあったイスに座りきれず、オットはそのまま尻もちをつき、
はじかれたイスは『ダーッと窓のところまで・・・。
両足を伸ばしてぴったりくっつけた状態で床に座ってしまったオット・・・。
その姿がものすごくおかしかったけど、ここで笑ってはいけない!!
会話がヒートアップしている最中なのだ!!


「だいじょうぶ?痛くなかった?」





「痛いに決まっとるじゃろ!」



声は大きかったけど、さすがに、自分でもカッコ悪ぅ~と思ったようで、
その後の会話は和やかムードに変わり、分かりにくかった説明も、
なんか分かりやすくなったような・・・。

晩ごはんの後には、自分でも思い出し笑いしてたし、
(もちろん、私は涙が出るほど一緒にゲラゲラ笑いましたけど)
まあ、腰も痛くならなくて本当によかったです。


これが、すごく虫の居所の悪い時だったらと思うと・・・・・
想像するのが怖い・・・・・。

  12月22日
 今日、仕事で訪ねた司法書士さんの事務所で、パーテーションの足に
引っ掛かってよろけてしまい、それはそれは恥ずかしかった・・・・・。
「大丈夫ですか?」と司法書士さんが言い終わる前に
「はい、全然大丈夫です!」と答える自分に苦笑いでした。

その後、家主さんの家へ。

このようなお土産をいただきました。(ちょっとボケてますが)
なんと!モロッコ土産!!
アルガンというモロッコに自生するナッツのオイルを使ったクリームです。
少し調べたところによると、アルガンは『モロッコの黄金』と呼ばれているらしく、
美容と健康にとても良いみたい。
何より、香りがいいです。アルガンの実自体の匂いではないかもしれないけど、
ココナッツにも似たとても甘い香りでさっきから指先をクンクンしています。
珍しいものをいただいて、ありがとうございます。

下の写真は、実家にいるトイプードル。

ちっちゃいくせによく吠えますが、父の足の上に座ってじっとしている
様子は、ボビーよりちょっとかわいいかも・・・。
ボビーはもうおじいちゃんになって妙に落ち着いて見えるのです。




  12月19日
 今朝7時過ぎに洗濯ものを干して、15分後には凍っていました。
寒くて、風が強いもんね。

向かいのおうちが出来上がり、多分もうすぐ引っ越しだと思います。
お正月を新築の家で迎えるのは、気持ちいいだろうなあ。
って、うちにも新築の時期はあったんだけどな・・・・。
もう、リフォームするときにはアイランドキッチンにしたいとか、考えて
おります。それよりは、家具や食器を少しずつ変えていきたいけど、
ダイニングセットを見に行く度に、夫婦で「また今度にしよう。」と言って
いるようではなかなか実現しないかも。リビングを見渡すと(見渡すって
ほど広くないですけど)結婚するときに買った家具ばかり。
全然高価な家具ではないけど、それなりに愛着があって捨てるなんて
考えられない。

家具といえば、結婚するときに婚礼ダンスをオットの親が予告なく
用意してくれて、それはとてもありがたいことだったんだけど、一緒に
選ぶのを楽しみにしていた母と私はかなり困惑気味。しかも何色で
どんなデザインかも全然わからないし・・・・。
それでも、好意でしてくれたことだから「もう、それでいいことにしよう。」
と私が言うと、母が「(そんなに簡単に妥協するなんて)もう、向こうの家の子
になってしまったんじゃな。」と急に泣きだしてしまったのが昨日のことのようです。
初めてお嫁に出すということで寂しく思ってくれたのでしょう。
子どもたちにどんなに愛情を注いで育ててくれたのか・・・・
本当に素晴らしい人です。
自分の子どもが大きくなってきて、あの時の母の寂しい気持ち、だんだん
よくわかるようになってきました。


  12月17日
 今年もあと半月を切りました。うそみたい・・・・。
さて、今月クリスマスのころに大きな取引があるので、それまで何か
宙ぶらりんな感じで、家のことは何も手につきません。
・・・・て、大掃除できそうにないなぁの言い訳なんだけど。
今朝も、太陽の光がリビングに差し込みだした頃、中から外を見ると
窓が汚れてるぅ~~~。
食卓の上のペンダントライトも油がギラギラしてるしなぁ・・・・。
鉄板焼きの登場回数多いからなぁ・・・・。


早いうちに取り掛からなければ!


何せ、今年はきれい好きなオシュウトメサンがすぐ隣に引っ越したばかりなんだから・・・。



  12月15日
 今日、今年3本の指に入るくらいびっくりして残念なことがありました。
海吉の家主さんのところへ行くついでに、遠回りだけど可知にある
大好きなパン屋さんに寄ったところ、奥さんが、「お世話になりましたが、
今年いっぱいで店を閉めることになりました。」と言われるのです。
いろいろな事情から、一時パン作りから離れることにされたそうです。

あえて、『一時』と書いたのは、是非再開してほしいという私の願いの
部分が大きいんだけど、素材にこだわり、体にいいものをという思い
が大きいだけに、原材料の入手が難しかったり、私たちの目に見えない
ところでの苦労がいろいろとあるのだと思います。

笑顔のステキなご夫婦が助け合って店を切り盛りされていて、
ちょっと酸味のある天然酵母のパンや生クリームの入ったメロンパンや
手作りのあっさりしたあんがたくさん入ったあんぱん、食パンの耳のラスクなど、
どれも手のかかったものばかり・・・。
もうすぐ食べられなくなるのかと思うと本当に残念です。

おいしいお店に行っても、店名を紹介したことのない私ですが、東区可知4丁目の
『ブリュケムント』というかわいいお店です。県道岡山牛窓線沿いの西大寺益野郵便局
のところを南に入って少し進むと右手にあります。お近くの人は是非行ってみてください。
お休みは確か日曜日と月曜日です。
 

  12月11日
 冷たい雨が降って、外は寒いです。
そんな中、大学にでかける娘のスカートもパンツもいつも短い!
タイツにブーツを履いて出かける姿はうらやましい・・・・。
体重は変わらなくても、体型が大違い・・・・。


「むすめと張り合ってどうするん?」


むすめにキッパリ言われました。



昨日、短く散髪して帰ったオットに
「あれ、おとうさん、髪短くなってるが。」とむすめ。

すぐに気づいてくれてちょっとうれしそう。

「うん、でも、てっぺん(頭頂部のことね)が薄いのが目立つよなあ?」















「仕方ないんじゃない?」





たぶん、オットは別の言葉を待っていたと思われ・・・。


「えーっ、そんなことないよぉ」とか「全然、気にするほどじゃないよぉ」とか、とか、とか・・・。


  12月9日
 売買の契約が決まった土地の境界の確認に立ち会ってきました。
『土地家屋調査士』かっこいいです。
図面と現況から、隣地同士トラブルにならないように境界を確認していくことは、
あとあと持ち主が変わった時のためにも大事なことだし、責任のある仕事だと思います。
この土地を買った方に、ここで末長く楽しく暮らしてもらえますように。

 すっかり寒くなってきて、お正月里帰りの時に雪が降ったりしないか心配です。
この間、久しぶりに泊まりに来た実家の母と、子どもの頃は雪がたくさん降って、
温水器が凍って、お風呂に入れず、温泉によく行ってたという話になりました。
軽自動車に子どもをたくさん乗せて、ツルツルに凍った夜道を運転していくのは
怖くなかったのか聞いてみました。当時の母は30代前半だったけど、
雪がしんしん降る中を、へっちゃらで運転しているように見えたから。


「そりゃあ、怖かったに決まっとるが!!!!」

お母さんも、怖いものあったんじゃな・・・・。


父に同じことを聞いたら、たぶん

「急発進や急ブレーキを踏まんかったら、なんも怖いことなんか
ありゃせんがな。」

と、言うかな?今度聞いてみよう。


そういえば、子どもの頃、なにかびっくりすることがあると、母が


「きゃー、おかあちゃん!!」


と叫んでいたのを、懐かしく思い出しました。


  12月7日
 えー、普段ジーンズばかりの私ですが、たまに、少しちゃんとしたパンツを履きます。

なので、ここのところ食べ過ぎだな~と思う時は、ウエストと太もも周りに
余裕がなくなります。逆に忙しくてあんまり食べれなかったな~と思う時には、
ちょっとゆったりな感じになっているのがよくわかります。







今日は、パッツンパッツンな感じです。


  12月5日
 今日は一番下の妹の誕生日です。おめでとう!!
小さい体でいつもがんばっています。心が折れそうになるときも
あるみたいだけど、持ち前の明るさでがんばっています。
遠く離れて暮らしているけど、周りの人に恵まれて、助けられているみたいです。
でも、周りの人のことも助けているみたい。
ちゃっかりしてるけど、損得勘定抜きで行動することも多くて、憎めない性格です。
かわいいです。
手先が器用です。
ピアノが人に教えられるくらい上手です。
料理がおいしいです。
話がおもしろいです。
笑い上戸です。
とにかくがんばり屋さんです。

元気で、いつもニコニコしていてほしいです。


おめでとう。

  12月4日
 ひさびさのお弁当画像!
 
レタス入り焼き飯、チーズのせハンバーグ、イイダコの煮つけ
カニカマとブロッコリー、塩サバ。
今日のおかずだったら白飯のほうがよかったと思うけど、冷ごはんが
冷凍庫にたまってきたので消費しようと思って・・・。
けど、焼き飯はなかなかパラパラに仕上がりません。
正直、今朝のは炊き込みご飯風でした。

  12月3日
 誕生日ネタで引っ張るわけじゃないけど、上の子からのプレゼントは
もちろん宅配便で届いたわけですが、送付状の字が明らかに息子の
ものとは違う!!
チェックの厳しい母は、『これは彼女が書いたに違いない!!』と確信を
持ち、届いたよの電話をしたときに

「なあなあ、彼女と一緒に選んだ?」と聞いたのです。どんな子か気になるし。

「いいや、ひとりで。」

「えー、でも、字がすっごいキレイだったよ。」

「いいや、自分で書いたよ。」

「うっそぉ、あれ、絶対字が違うもん!」

別にどうでもいいことを聞く自分がおかしいとは思うけど・・・。

「あー、そう言えば、お店のおねえさんが書き直してた気がする。」

まあ、それならそれでいいんですけど。



こんなお母さんは、面倒くさいだろうなあ。
でも、別に、彼女ができることに反対なわけではないですからっ!


  12月2日
 オットの誕生日、上の子からのプレゼントはロックグラスでした。
「送るから」という予告はあったけど、オットには内緒。喜びはいっぺんに
大きいほうがいいもんね。
 「ありがとう」の電話をして、最後に「早いうちにまた帰ってこいよ」と言って
いる姿を見ているのはいいものです。


さて、そして昨日は結婚記念日。元気にこの日を迎えられてうれしいです。
特に、オットは11月21日付の『欲しかったもの』が昨日、正式に手に入り、
大喜び。
夜はごちそうを並べて、飛び入り参加のお客様を迎えて、お祝いをしました。

そうそう、ごちそうを作るために買い物に出ていると、オットから電話があり、
帰りがいつもより遅くなりそうとのこと。それで・・・


「プレゼントの花束受け取りに行けなくて、配達してもらうから、
カッコ悪い話じゃけど、お金払っといて。」


代金と引き換えじゃないと、お花は渡せないと言われたらしい。


仕方ない・・・。


自分にもらうプレゼントの代金を自分で払い、オットがいくらの予算で
お花を頼んでいたのかもしっかり分かり・・・・・。まあ、いいんですけど。

とにかく、楽しくうれしい夜でした。

 
 
 


  11月30日
 今日で、11月はおしまい。あと1ヶ月でお正月なんて、心の準備も何も
出来そうにありません。
 さて、28日はオットの誕生日でした。今年は子どもが二人とも誕生日
プレゼントを贈ってくれたので、もう大喜び。
 下の子は前日の晩ごはんのときに、「はい!」と渡していました。
「おっ、ありがとう!」の声が弾んでいます。その日は子どものバイトもなく、
一緒にもつ鍋を食べたけど、いつもより会話も多かったので(子どもなりに
お父さんを喜ばせようと多少がんばっていたような・・・)、飲む量も自然と
増えて、食事が終わるころには結構な酔っ払いになっていました。
黙っていても、顔がニヤニヤしているような状態のオットは


「ごめん、眠たいわ。」


そう言って、8時過ぎに寝室へと向かったのでした。


年に何回か、こういう楽しいお酒が飲めるのは、幸せなことです。

でも、8時過ぎに寝るって、しかも次の日の朝4時半に起きるって
どうなんでしょう??もう何年かしたら、毎日夜8時に寝て、朝4時に起きる
というような生活をしているかも・・・・・・。




い~や~だ~~!


  11月28日
 ずっと気になっていた洗濯パンの排水口の掃除をしました。
なんか流れが悪いなぁ~と思いながら見て見ぬふりをしてたけど、
もう限界!というか思いついた時にやらないと・・・・。


しかしっ! 排水口の目皿が外れません!
きつく締めすぎてるのか、手で回してもらちが明かないので
ドライバーを持ってきて引っかけて回す、引っかけて回すを
繰り返し、一番上の目皿はなんとか外れたけど、次の排水筒
(と言う名前らしい)がこれまた固くて全然回らない・・・・。

私の握力をもってしてもだめなのか・・・・・。

キィ~~~~!となりそうになる気持ちを必死に抑え、「洗濯パン
取扱説明書」なるものをひっぱり出してきて、『お手入れの仕方』
を読むと、これもねじ込み式になっているので、回れば外れることに
間違いないというのがわかり、もういい加減手も痛くなってきたので、
ペンチを持ってきて出っ張ったところを挟んで回しました。



あっけないほど簡単に回る・・・・・。


始めからペンチを使わなかったことを悔みつつ、無事掃除を終了しました。


気持ちいいほど水がすっきりと流れることを確認して、パッキンやら
排水筒やら目皿やら排水ホースを元に戻していきます。


『目皿と排水筒は、必ず軽くねじ込みセットしてください。
この部品を強くねじ込むと、次回の取り外しの際に、
取り外しが困難となる恐れがあります。』


取説にはそう書いてありました。

えー、えー、もちろんそうしますとも!!





もう力の入れすぎで、掌がぎゅっと握れないくらい
痛くなってますから!


  11月27日
 車庫証明が必要になって、岡山中央署に行ってきました。
何にも悪いことをしていなくても、警察署に行くのはちょっと
ドキドキします。駐車場に止めるのも、スーパーの駐車場に
止める時より何故か慎重だったりして・・・。
 窓口ではきれいなおねえさんが優しく応対してくれて、
警察署も昔とは随分変わったなあと思いました。

そう言えば、上の子を妊娠した時に、当時流行っていた
マタニティスイミングに通っていて、その時仲良くなった
人のご主人が警察官だったなぁ。そのあと、転勤されて
年賀状のやり取りもなくなって、もうずいぶん前に表町で
バッタリ会ったきり。
多分、今ではだいぶ偉い人になっているのかな?
かわいらしい奥さんだったけど、あれから20年以上たって、
どんなふうに歳を重ねているのか?道ですれ違っても
もうお互いにわからないかもしれない・・・。と言うか、
わからないと思う。
 マタニティスイミングに行ってたなんて、今から思えば
優雅な主婦だったんだなぁ・・・・・(遠い目)

  11月26日
 今日は小春日和ということで、自転車で郵便局や銀行まわりを
してきました。マフラーとダウンベストでちょうどいいくらいの気候です。

道行く人が気になるぅ~。
お昼時だったので、コンビニの袋をさげている人が多くて
中にはお弁当が入っているみたい。プラス、カップラーメンという人も
見かけました。

最近のコンビニ弁当はおいしいのでしょうか?
多分、おいしいのだと思う。
コラボ弁当とかよく企画してるもんね。
スーパーのお総菜コーナーのお弁当とどっちがおいしいのかな?
ついでがあったら買ってみようと思うけど、なかなか機会がありません。


  11月25日
 何か、一昨日の夜から変な音がするんですけど・・・・・。
玄関の鍵を開けて、うちへ上がる音がしたので、子どもが帰ってきて
そのままトイレに入ったのだと思っていたら、いつまでたっても出てこないし、
そういえば「ただいま~」って言わなかったし、おかしいなと思いながら
トイレをのぞいてみると、誰も使っていない!!!

そして昨日の日中、うちの中でバタンとドアが閉まるような音が2回ほど
確かに聞こえた。


でも、だ~れもいない・・・・。もちろん、窓も開いてなかったし。


それからはもう音はしないけど、目に見えない誰かが遊びにきてたのかな?



深く考えると怖くなるので、考えないことにしよう!


って、このままだと本当に怖くなるので、他の話をひとつ。
日曜日、友達とソバ打ち体験に行って、そのまま夜はわが家で宴会になり、
ボジョレーだのビールだの焼酎だのなんやかんや飲んで、みんなが帰って
ダラダラ片付けをして、お風呂に入って寝た次の日、ふと気付くと結婚指輪がないっ!
そう言えば、ソバ打ちの時、腕時計と一緒にはずしたような気がする・・・・。
えっと、ジーンズのポケットに入れたよな?
ジーンズ洗濯しちゃったよ・・・・。

あわてて干していたジーンズのポケットを探ってもありません。
あれ~?時計はちゃんとはずしてしまってあるのにな~・・・。

「指輪がない」

オットに言うと、しばしの沈黙の後

「探してもなかったらしょうがないけど、ソバ屋に一応電話してみたら?」


優しく言われると、かえってこわい申し訳ない・・・。


よーくよーく思い出してみると、宴会が盛り上がったころになんか
おにぎりを作ったような気が・・・・。
普段おにぎりを作るときに、はずした指輪を入れておく場所を見ると、


なぜか、そこにちゃんとありました。


飲みすぎて帰っても、コンタクトレンズをちゃんとはずして寝ているのと
おなじ意識だったのでしょうか?


そもそも、そんなに酔っ払ってなかったのにな。
自分の行動が謎です。



  11月24日
 さて、今年もあと1ヶ月と1週間。時間の過ぎるのがびっくりするくらい速い!

昨日は下の弟の誕生日でした。
上の弟が生まれたあと、男の子一人じゃかわいそうだからと、
ある意味一番望まれて生まれてきた子。


『子』といっても立派なおじさんだけど・・・・。
小さい頃はあんなにかわいかったのに、どんどん成長しちゃって、
あきらかにダイエットの必要な体になっています。
ジャンクなものばかり食べないで、健康に気をつけて、
兄弟協力して家業を盛り立てていってほしいです。


お姉ちゃんたちは、いつもまでも兄弟姉妹仲良しでいたいと思っているのです。


『お茶漬けを食べてでも手に入れたいもの』はなあに?の、メールや電話下さった方、
ありがとうございました。ここを読んでくれている人がいるんだと思うと、励みになります。
もっと、面白いことが書けるように、家族の誰かが何かやらかしてくれないかな?
と期待する毎日です。

でも、みんな最近あんまりおもしろいことやってくれないんよなぁ~。
ボビーも元気だし、まあ、何事もないのが一番なんですけど。


  11月21日
 毎日お茶漬けを食べてでも手に入れたいものがあるって、
本気で考えた事ありますか?
この場合、お金で買えるものに限ってだけど・・・。
えーっと、私は記憶する限りありません。
寝ても覚めても「欲しい、欲しい」と思ってしまうものって、ホントにあるのかな?


それがオットにはあるのです。
食費を削らないと買えないというほどのものではないけど、
寝ても覚めても、それを手に入れることばかり考えているみたい。
考えているだけでなく、毎日毎日声に出して言うので、もう根負けして
「買えばいいがっ!」と言うと、投げやりな賛成ではダメだそうで、
気持ちよく「うん、買おう買おう」と言って欲しいらしい・・・・。

しかも、それを買うことには筋が通っていて、決してまわりにも
迷惑をかけないらしい。





もう、買うことにしました。


何を買ったか知りたい人はメールください。
まあ、とっても高価なものというわけではないんだけど・・・。




ちなみに、「欲しい欲しい」と思うもの、うちのむすめにもあるそうです。


詳しくは聞くのが怖い聞かないけど、






バイト、がんばって!


  11月20日
 めったに行くことのない『出張』に行ってきました。
行先は奈良県!
経路を調べると、御堂筋線で難波まで行って近鉄に乗り換えるか
外環状線で鶴橋まで行って近鉄に乗り換えるかのどちらかがいいみたい。
行きは、鶴橋経由で・・・・。
鶴橋に降りたとき、「よし、帰りも鶴橋で乗り換えることにして、
蒸し豚買って帰ろう。」と決意しました。
それくらいの寄り道はいいでしょう。
「あー、キムチやのり巻きも買いたいけど、新幹線の中でにおうかも
しれないし・・・・。」
新大阪からギューギューの電車に乗ったので、帰りもそうだったら
困るし・・・などと考えてせめて蒸し豚だけでもという結論に達したのでした。

仕事が終わって近鉄に乗って、鶴橋で乗り換えるつもりが、
諸般の事情から難波まで行くことになってしまって、蒸し豚はまぼろしと
化してしまったのです。じゃあ、梅田まで出て、デパ地下で何かおいしいもの
買って帰ろ!と思ったものの、これも諸般の事情から新大阪まで一気に
行ってしまい、あまりに慌ただしかったのでドトールでコーヒーを飲んで
ほっと一息ついて、あっという間に新幹線で岡山に着いちゃった。
岡山発9時14分に乗り、岡山着15時30分で帰る、とまあ、そういう出張でした。



疲れました。

  11月17日
 日曜日、運転免許センターに免許証の更新に行ったオット。
用事があったので、私もついて行きました。更新が終わって、
帰りの車の中、後続車の運転に文句を言っています。
「あのオッサンの運転は危ない!」
「え?どの車?」
「あの、すぐ後ろの車。」


片道3車線になって、その車が私が座ってる助手席の隣に並びました。


そっと運転席を見ると、



そんなにオッサンじゃありません。
多分、オットとそんなに変わらないと思われ・・・・・。

「あんまり、歳、変わらんと思うよ。」
冷静にそう言うと、しばしの沈黙の後


「そうよな、ワシもオッサンよな。」

寂しげにそう言ったオットが聴いていたCDは
「永遠のフォークミュージック vol.2」

確か、トワ・エ・モアの『虹と雪のバラード』とか『空よ』
とかそのあたりが流れていたような・・・・。

「ああ、あの札幌オリンピックの!」と思ったあなたの
オッサン・オバサン度、高いですよ!!


  11月14日
 昨日仕事で玉野方面に行きまして、帰りに児島湾大橋を渡りました。
旭川の河口、岡山港と新岡山港の上を渡る橋です。
北に向かって走ると、左手にクラレや同和鉱業の工場群、
右手には小豆島行のフェリーが出る新岡山港と高島、行き交う船、
旭川の両岸に家が並び、その向こうには高いマンションやビルが見えます。


「この景色好きだなぁ~」思わず声に出して言いました。
海の近くに住んでるんだなとも思います。
時々通るのに、昨日は特に景色が新鮮に見えた。
ここで生活してもう長いし、これからもここで暮らしていくんだな・・・。
な~んて、センチメンタルな気分の雨上がりでした。


  11月12日
 昨日の夜、上の子からメールが届きました。
「免許更新したよ」と、新しい運転免許証の写メです。
ギリギリまで更新に行かないのを私が口うるさく
「早く行きなさい」「早く行きなさい」と言ってたから
「はいはい、ちゃんと行ってきましたよ。」ということだと思う。

免許証の写真はボヤけてるけど、『よしよし、かっこいいぞ』と
男前率を3割増しくらいにして見ました。
ハイ、親バカですから。

ある日、子どもの顔が全然別人になっていたら・・・・。
しかも、世の中の人の目を逃れるために・・・・・。
本人自身と会うことも話すことも叶わないのに、テレビの画面からは
自分の知らない顔の、でも自分の子供に違いない人物のニュースが
どんどん流れている・・・・。どう受け止めたらいいのかな。

小さなことで怒ったりくよくよしたり、笑ったり泣いたりしながら日々
過ごせる幸せを感じます。

それにしても、東京駅、報道陣でごったがえすホームで
カメラに向かって笑って手を振る、いい歳をした社会人(に見える人)。
ケータイ片手に『今、オレ、テレビに映ってる?』とでも言っているのでしょうか?
うちの子には、あんな大人になってほしくありません。


  11月11日
 今週は雨続きですね。
外回りの仕事の方、車に乗ったり降りたりするたびに濡れてないかな?
風も少し冷たいし、風邪をひかないように気を付けてください。

この間の日曜日、用事があって実家に帰りました。
駐車場に置いてある植木鉢に植えられているレモンを見てびっくり!
2年ほど前見たときはヒョロヒョロの苗木で、「これ、ホントに実がなるの?」
と思ったけど(しかも、もうその存在さえ忘れていた・・・)立派になって、
枝がたわむくらいたくさんの実をつけていました。
「すごい!すごいが~!」と本当にびっくりしていると、母が
「そりゃ~、鉢を大きくしたり肥料をやったり、手をかけとるもん」
「肥料をやらんといけん、ほうれん草でもなんでも肥料よ!」

自慢げに話していました。でも、本当に自慢して当り前なくらい立派な実。
ビールを控えて、もっぱらチューハイを飲んでいるオットの生レモンチューハイ
用に何個かもらって帰ったのがこれ。
 

 
下の写真の真ん中はスーパーで買ってたレモンです。
比べるとすごいでしょ?果汁もすっきりとさわやかです。
実家でもらったから、というプラス要因を差し引いてもおいしい!

野菜や果物など食べられる物を育てるのが大好きな母。
同じように子どもにもたっぷりの愛情を注いで育ててくれたと
思います。


でも、みんなあんまり大きくならなかったな・・・・。
肥料が足りなかったのか・・・・。


  11月10日
 昨日大事な商談があり、双方話し合ったことを「メモしますので。」
とメモ用紙を取ろうとしたら、相手方の会社の方が、「大丈夫です。
複写になってますから。」と、話し合いの内容を書き留めたものを下さった。
 まったく同じものが双方にあるというのは、後日のためにいいことだし、
歴史も実績もある会社は、多分いろいろなトラブルを経験しているのだろうし、
そのような相手と仕事ができるときにこそ、勉強させてもらわなければ!と
いまさらだけど考えました。

 ただ、その決意が長く続かない・・・・。

その後食べたお好み焼きがおいしかったなあとか、そういうことが頭の中を
駆け巡るようでは困りものですな。

 さて、雨が降らないうちに水道メーターの検針に行ってこよう!

  11月7日
 せっかく九州まで行ったので、まだ見たことのない高千穂峡へと
足を延ばしました。
妹が、「絶対行ったほうがいい!!」と強く薦めてくれた九重大吊橋経由で。
前日の雨があがって、空は少しずつ晴れてきてたけど、風は強く冷たかった、
そんな中大吊橋に到着。

「さ、さむい・・・・」

人のみが通れる吊り橋が風でゆらゆら揺れます・・・・。

はるか下を川が流れ、見下ろすと吸い込まれそう。
思わず「おぉぉぉ」とか「うぉぅぅ」とか言ってしまいます。
すれ違う人はみんな、なんとなく顔がひきつっているように見えるし・・・。

でも、紅葉が見事で、一番いい時期だったかもしれません。
 



そのあとやまなみハイウェイを経由して着いた高千穂峡は、
噂に違わぬ絶景で、この地形ができる時間を考えると、
私の一生なんて瞬きするよりずっと短いくらいで、小さなことで
悩んだりウジウジしたりするのはもったいないと思いました。
(でも多分すぐまた小さなことで悩むけど・・・)


   
絶対に乗ろうと思っていたボートは、時間の都合で断念したけど、
水面近くから見上げる景色もきっと良かったに違いない。
身軽なうちに(階段が結構きついので)もう一回くらい来れるかな。

  11月6日
 さて、福岡で感動的な親子の再会を果たし(ウソウソ!)、
こちらで買って行った毛布と敷布と枕をゴミか何か区別のつかないものが
散乱している
部屋に降ろし、おいっ子と野球盤をして待つこと数時間、
夜の宴会が始りました。よく連れて行ってもらう割烹と居酒屋のあいだ
くらいのお店。お刺身もおいしければ、ロールキャベツもおいしいという
何もかもおいしいお店。なんで、うちの近くにないんだろ?もしあったら
わが家の外食頻度は飛躍的にアップすると思われ・・・・。
 イカの活造り、サバのお刺身、絶品!テールの塩焼き(くずれる手前
まで煮込んだ牛テールをオーブンで焼いていると思われる)、カキフライ、
・・・・ほかにもいっぱい食べたけど、思い出せない・・・・。
あー、また行きたい。今晩にでも行きたいと思うお店です。

いっぱいごちそうになって、いったん妹のうちに戻った後、むすこは
床にカップラーメンの転がった自分の部屋へと帰って行きました。
明日早いからって・・・・・。やっぱり大学生と社会人は違うんだな。
オトナになっていってるんだな。と、ちょっと寂しいような気もしたけど、
「がんばってな!」と送りだしました。
また当分会えないのかと思うと、ちゃんとご飯食べるかなあとか
職場でうまくやっていけるかなあとか、先輩に誘われて飲みに行って
飲みすぎて道の真ん中で寝てしまって轢かれたりしないかなあとか
満員電車で痴漢と間違われたりしないかなあとか、もしそうなったら
どんなことがあっても信じてあげないと、とか、どんどんしょうもないことを
考えてなかなか寝つけないのに、早々に寝てしまっているオット。
イビキがうるさいんですけど・・・・。


そういえば、下の子の門限を決めて絶対守るようにと、うるさく言うのに、
その時間まで起きて待っていたためしがないオット。
母親と父親の違いなのか、本能に忠実に生きているだけなのか
ときどき理解に苦しみます。


門限近くなると、玄関の外に仁王立ちになって待っているお父さんよりは
ずっといいんだろうと思うけど・・・・。


  11月4日
 ずいぶんご無沙汰しました。
2日にお休みをもらって、オットとともに勝手ながら3日間ほど
福岡の子どものところに行ってきました。
妹夫婦のところに泊まらせてもらって、(むすこのところには泊まる気に
ならず、布団を敷くスペースもなく、ましてや布団もなく・・・。)仕事先に
ちゃんと仕事をしているかどうか偵察に行き、(こっそりではなく、わりと
堂々と・・・。一緒に連れて行った妹のおぼっちゃま6歳が目をキョロキョロ、
首をグリグリまわしながら探してくれた。そして似た感じの人を見つけると、
『あっ!』と立ち止まりズンズン近づいていく。いつにない行動力!)
ちゃんと仕事をしている様子を初めて見て、少し安心して帰ってきました。
10/24付のひとりごとに書いたとおり、ちょっとおにいちゃんの顔つきになった
6歳と、悪い笑顔で近づいてくるもうすぐ2歳の甥っ子たち。ずっと一緒にいると
遊び相手も大変だけど、たまに会うと苦になりません。
後のことを考えずに買ってあげたエポック社の野球盤。
1日は一緒に遊んだけど、それからあの子が飽きるまで相手をするのは
妹か妹のだんなさんか、はたまたうちの息子か・・・・。
『野球盤で遊ぶのは、おにいちゃんが来たときだけ』になるのと、パチンコ玉の
ボールがなくなるのはどちらが早いか、ときどきチェックしたいと思います。
 ほぼ2歳の弟ちゃん、モリモリ食べてこんなおなかを見せてくれました。
オットの太鼓腹は内臓脂肪のかたまりに見えて(本人曰く、腹筋のかたまりらしいけど)
ちょっといやだけど、こどものおなかは本当に『ポンポン』というかんじで触ると
ご利益がありそうな気さえしてくるから不思議。
 

  10月31日
 あっという間の10月。もう今日でおしまいなんて・・・・。

昨日は、転勤でこちらに単身で引っ越していらっしゃるお客様の案内が
ありました。とても気さくな方で、案内する側としては大変ありがたいです。
案内中、車の中がシ~ンとした雰囲気だとなんか気まずいので、
何かと話しかけてしまうことが多いけど、帰ってくる返事の感じで、
「あ、あんまり話しかけられたくないのかな?」と思ったり、逆にいろんな話
(おもに世間話)ができて楽しかったり、まあ、数少ない案内の件数では
ありますが、いろんな経験をさせてもらってます。
そんなことがあるので、自分がタクシーに乗った時にもつい運転手さんに
話しかけてしまいますが、運転手さんがものすごく話し好きで、目的地に
着くまでずっと相槌の打ちっぱなしで疲れちゃった、ということもあるので、
何事もほどほどにしなければ・・・とは思うけど、加減が難しい・・・・。

この間、岡山では老舗といわれる西川近くのバーに初めて行ったときのこと。
そこに女性バーテンダーさんがいて、この人のお話の仕方が絶妙でした。
私たちの会話をさりげなく聞いていて、すごくタイミング良くその中に入って
くるけど、それが全然押しつけがましくなく、少しうれしい気分にさせてくれたり
お酒について知らないことを教えてくれたり、しかも、ダラダラしたしゃべり方じゃない。
変な表現だけど、窓を開けてたら時々心地よい風が入ってくるという感じ。
バーでは、一緒に行った人と話しているとバーテンダーさんが会話に入ってきて、
少し放っておいてくれないかなあ、と思うこともあるので、このお店は本当に
よかったです。

それにしても、接客は難しいものですな。


  10月29日
 四国ふらり旅に出かけた両親は、1日目の夜9時半ごろ宇和島辺りにいたらしい。
しかも、泊る所まだ決まってないって!とりあえず食料を買ってまだ車を走らせている
ということで、10時ごろ留守番のおよめちゃんに、「泊まるとこ決まったって言ってた?」
とメールすると、「ホテルに入ったそうです。」と返信があったので、一安心していました。

翌朝、両親の携帯に電話すると、「6時半ごろチェックアウトして、もう足摺岬を出発して
高知に向かっている。」ということで、すごい行動力と思いながら話していると、
どうも話のつじつまが合わない・・・・。

「チェックインもラクラクじゃ」
「そのまま寝れるからな~」


えっ??お父さんとお母さん、もしかしてホテルはホテルでも、その上に2文字ほど余分に
ついてるホテルに泊まったのかな??まさか?と思っていると



「車中泊じゃ、車中泊!」


そりゃ、チェックインもなんも関係ない。
行き当たりばったりでちゃんと泊まるところがあったかどうか心配する子どもたちのことを
思って「ホテルに入った」と言ったのか、およめちゃんに、「お姉ちゃんたちには『ちゃんと
泊まるところあった』って言っといて」と言ったのか確認はしてないけど、それにしても、
行動力のある両親です。

すごい!

さすがに昨日は室戸岬のちゃんとした宿に泊まったみたいだけど、
車の中でどんな話をしているのかな?今日も、気をつけて楽しんできてほしいです。


  10月27日
 今日が結婚記念日の両親は、二人でふらりと旅行に出かけたそうです。
平日だし、どこに泊まるという予定も立てていないらしい・・・。
四国方面へ向けて、まずは足摺岬を目指すらしいです。
いいなあ~。お天気もいいし、ケンカして二人とも目尻をつり上げて
帰ってくることのないよう、のんびり気をつけて行ってきてほしいです。

ネタのないときのお弁当画像。
 
ほうれん草入り玉子焼き、イカゲソから揚げ、手羽中とごぼうの酸っぱ煮
エビ天のソースがけ(このソースは、マヨネーズ・ケチャップ・スイートチリソース
を混ぜて作ったけど、おいしかった)チンした豆腐ハンバーグ、ピーマンの素揚げ

お昼になると、自分のも作ればよかったなあと思うけど、
朝は余分に自分のを作る気になりません。
で、カップヌードルとかすすっています。

  10月26日
 雨が降ると肌寒いですな。

今週で10月はおしまい。プロ野球もあとは日本シリーズを残すのみ。
プロ野球といえば、楽天の田中将大投手。日ハムとのクライマックスシリーズ
での投球、本当にかっこよかった~~~。自分の胸をドンドン叩いて
気持ちを鼓舞し、三振を取ると雄叫びをあげる。深夜のスポーツニュースを
見て感動して、次の朝ニュースを見ながら、とっくに寝ていて
試合を見ていなかったオットに

「ここ、この後すっごいかっこいいから。」
「ここで、自分の胸どんと叩くんよ。」
「あれ、そのシーン映らんなあ。」
「朝のスポーツニュースは映像短いな。」
「でも、この時、この8回と9回、本当にかっこよかったよ。」
「あっ、このあと、『うお~』って言うよ。」







「うるさい!、解説はいらん、
だまって見せてくれ!!」





せっかく、いろいろ教えてあげようと思ったのに・・・・。

確かに自分でも「うるさい!」言われても仕方ないくらいの
勢いだったと思います。
あ~、一緒にこの感動を分かち合える人が欲しい。
そう思っていたら、土曜日に集まった友達のご主人が中継を見ていて
その話で盛り上がることができました。
完全燃焼できてよかったぁ。

というわけで、今週もがんばりましょう。

  10月24日
 今朝、案内希望の電話をいただいた物件が、入居が決まったのに
うっかり更新し忘れていた物件で、お客様に迷惑をかけてしまった・・・。
反省しなければ。情報は正確でなければ意味がないのに・・・・。

さて、昨夜上の子から写メールが届きました。
福岡にいる妹のところに遊びに行って、そのついでに従弟をお風呂に
入れてあげたらしい。
2歳と6歳の男の子が湯船の中からこちらをじっと見ています。




かわいい・・・・・・。


子どもはかわいいなあ・・・・。


オットに写真を見せると、「下の子、子(妹の名前)にそっくりじゃがな」

ゲラゲラ笑ってしまいそうなほど似ているその顔と
もうすぐ小学生になる上の子のほんの少し少年ぽくなってきた顔を見て、
あらためてかわいいなあと思った夜でした。


  10月21日
 仮想オトナの遠足はちょっと置いといて、現実の仕事の忙しい今日この頃。


 昨日は弟が父と一緒に岡山に来てたので、お昼ごはんに誘ってくれました。
携帯に転送でかかってくる電話を受けながら、おいしいお寿司をごちそうになったり
魚のおいしいスーパーでお刺身を買ってもらったり、姉妹の中で一番実家の
近くに住んでいるからこそ受けられる得を享受してきました。
 美食家の父は少し体調を崩していて、前ほど好きなものを好きなだけ食べる
ことができなくなっているけど、一緒に美味しいものを食べる時間を持てるのは
娘として幸せなことです。実家を守ってくれている二人の弟にも感謝です。
あー、そっか、その弟と一緒にいてくれるおよめちゃんにも感謝だし・・・・。
「おいしいもん、食べれてよかったなあ」と言ってくれるオットにも感謝だし、
感謝したい人がいっぱいです。

  10月19日
 秋晴れの空の下、空気は澄んで、日差しは思ったほど強くなく、
吹く風は心地よく・・・・。

遠足行きたい!

オトナの遠足。

まだ、電車で瀬戸大橋を渡ったことがないので、まず電車で四国に渡って、
高松駅前でレンタカーを借りる。あとは、足の向くまま気の向くまま、海岸線を
どんどん高知方面に・・・・。高松まで行ったから、ここはやはり時計回りに
徳島へ向かおうかな。屋島に水族館てまだあるのかな?

おっと、もうすぐ午後一の仕事が・・・・。
この続きは手がすいたらじっくり計画します。

実現しそうにないのがつらいけど・・・・。

  10月17日
 「おかあさん、ボビー絶対太っとる!」
むすめがそう言い放つので、人間用体重計で計ってみました。



7.1kg


確か、このあいだ計った時は6.5kgとかそれくらいだったような・・・。
ちなみに、ミニチュアダックスの平均体重は4.3~4.8kgだそうな。


人間に置き換えると、65キロから70キロ以上って、あきらかに
増えすぎ!!



なんで?




いままで、100メートルほど離れたオシュウトメサンの家に
毎朝歩いて行ってたのが、隣に引っ越してきたせいで、庭を横切る
だけになってしまったからなのか?
たとえ往復の200メートルだけでも、本人には適度な運動に
なっていたのかな?
もともと少ないご飯の量を減らすのはかわいそうなので、
やっぱり散歩に連れて行かないと・・・・。
後ろ足の強烈なブレーキに、リードが持ちこたえられるか
ちょっと心配・・・。

  10月16日
 弟の誕生日。おめでとう。

わが家にやっと生まれた男の子。
ずっとうれしそうにニコニコしていた父。
ちょっと誇らしげだった母。
みんなの顔が浮かびます。
まあ、いわゆる『おじさん』と呼ばれる歳になってきているわけだけど、
その両肩と背中にはずっしり重たい荷物を背負っているだろうけれども、
(もちろん、その荷物の一部に私も入っているわけで・・・、いつもお世話に
なってます。)身体を大切に、家族仲良く過ごしていってほしいです。

そんなこんなで、家族団欒の象徴、『おでん』
今シーズン初のおでんを仕込んでいます。
鶏の手羽元を入れるので、鶏肉の苦手なオシュウトメサンは別鍋で。
(さりげなくいいヨメをアピール)

鍋の底には大根と里芋とゆで卵、こんにゃくが沈んでおります。
夕方には、はんぺんともち巾着を追加します。
昼間の電気代は高いけど、今晩のおいしいビールのために。
「お近くの方は食べに来てください。」と言いたいくらいです。

  10月15日
 秋の味覚、柿が鳥取のお客様からたくさん届きました。
 
 少し冷やして食べると、甘~い果汁が口いっぱいに広がって
とろけるような食感は他の果物にはないかも・・・。
どちらかというと、カリッと硬い柿が好きな私ですが、久しぶりに食べた
このあわせ柿(でいいんだよね)はとてもおいしかったです。
ごちそうさまでした。
昨日は実家の母に会ったのでおすそ分けしたら、父の好物らしく、
これまたよかったです。
もちろん、オシュウトメサンも食べていますよ。
ちょっと調べてみると、柿はビタミンCや食物繊維が豊富で、
コレステロールの吸収を緩和したり、タンニンの作用で血管を
強くして、血圧を下げる効果もあるらしい・・・・。
オットにも勧めなければ!98円タオルの罪ほろぼしに・・・・・。

さて、昨日のお弁当。
 
塩サバ、ほうれん草のおひたし、かぼちゃの煮物、切干大根、
ポテトサラダ、牛肉のしぐれ煮。朝ごはんのおかずもほぼ同じ・・・。

  10月14日
 昨日、テレビで年末の紅白の話題をやっているのを見て、
今年もあと2ヶ月半ほどだなんて『シンジラレナイ!』思いでした。

さて、昨日スーパーのキャッシュコーナーに行くと何人も並んでいたので
時間つぶしに隣の薬局に入りました。ウロウロしていると、浴用タオル
のコーナーが・・・。

「そうだ、ボディタオル、もうボロボロだったよな~」
うちは、ボディソープ派ではなく、固形せっけん派。
なぜか、オットはせっけんにこだわる!

思い切って(ってほどのものでもないけど)買うことにしました。
いろんな種類があってびっくり。
でも、値段は298円から698円くらいまで。
むすめのタオルはピンクのかわいいものに即決。598円。
さて、オットのタオル・・・。
『かため』が好きよな~。
598円はちょっと高くない?これからお嫁に行くわけでもなし・・・。
この298円のでいいや。
私のは、まだ使える。

2種類のボディタオルを手にして、レジに向かおうとすると、
目の前に『特売!ナイロンタオル(ふつう)98円』の文字が!!


約3秒考えたけど、手に持っていたオットの分は元に戻して、
98円のタオルを持ってレジに向かった私。やっぱり、いじわる?


  10月13日
 今日は上の子の誕生日。この時間はまだ生まれてなかったけど。
毎年誕生日には『生まれてきてよかった』と思えるような人生を送ってほしいです。
日々はいろいろあっても、一歩さがってみると『ボクって割と幸せ』と思えるような・・・。


最近、友達に会うとお互いの飼い犬の健康状態の話になります。
みんな、子どもがある程度大きくなって飼い始めているので、
ちょうど「うちのコ(もちろん犬のこと)年をとってきたなぁ」と感じる
今日この頃なのです。

そういう心配を知ってか知らずか、うちのボビーは今も昼寝中。

「ボビー」

「ボビー」

「ボビー」



「ボビー」

と呼ぶと、「うわぁ~、びっくりしたぁ~!!!」
という顔でこっちを向きます。まだまだ元気でいてほしいです。

連休明けのお弁当。

一番手前に詰めたのはキャベツに薄切り牛肉とニンジン、ズッキーニをのせて
くるくる巻きコトコト煮たもの。昨日のおかずの残りだけど、今日のほうが味が
しみておいしいみたい。
あとはウインナー、玉子焼き、ポテトサラダ、ほうれん草のおひたしなど。
ブドウは実家から送ってくれたもの。甘くておいしいです。
詰め方がワンパターンなので工夫が必要かとも思うけど、幼稚園児じゃないので
作ってもらえるだけありがたいと思ってくださいってことで・・・・。


  10月10日
 一昔前は『体育の日』
何年前から今日が『体育の日』じゃなくなったんだろうと思って調べてみると、
2000年からだそうで、もう9年も経っているのかと、ちょっとびっくりです。
ハッピーマンデーで、土・日・月曜日と3連休になる人、国民全体の何割くらい
なんだろう。
 日曜日のほうが忙しい家に育ったせいで、絶対カレンダーの数字が赤い日は
お休みという人と結婚したいと思っていて、実際そうなったけど、何年も経つうちには
そういう日に忙しい仕事を始めてみたり、仕事がある時には休みたいなんて
ぜいたく言えないという生活になってみたり、生まれた子どもが平日しか
休みの取れない仕事に就いてみたり・・・・・。




長い人生、いろいろなことがあるもんです。



まだまだだいぶ先だけど、毎日が日曜日という日々も来るんだよね~。
それまではがんばらないと、バチが当たるかな。

  10月9日
 久しぶりに友達からのメール。
お互いの近況を報告しあうけど、半年ほどの間にいろんなことが
起こっていて、これからも楽しいことばかりではないよなぁ・・・・。
なんて話になり、年頃が一緒だと、親のことや子どものことで同じような
体験をしたり、悩みがあったり。
顔を見てゆっくり話したいなあ・・・と思いました。

ただ、ものすごくきれいな人なので、じっと顔を見るのはちょっと
はずかしい・・・・。

オットに、「ちょっと、旅行気分で行ってきてもいいかな?」と聞くと、
「えーっ、ワシも行きたいから、ご主人がいるときに(単身赴任中なので)、
どこか宿でも取って行こうや。今度、いつ帰るか聞いといてや。
ワシ、あのご主人好きじゃし。4人でおいしいもんでも食べようや。」





多分、お互いにだんなさんの愚痴とかも言いたいわけで・・・・。





それじゃ、したい話もゆっくりできないんですけど・・・・・。


  10月7日
 子どもの夏休みが終わってから、ずっと気にかかっていることがありました。


『後期の授業料って、まだ払わなくていいのかな?』


上の子の時は、9月中に請求が来てたし、3年生くらいから
自動引き落としの手続きしたしなぁ・・・。

大学によっていろいろちがうんだろうなぁ・・・・。
そもそも、後期の授業料はいくらだったっけ?

などとのんきなことを考えながら、入学時にもらった書類の中に
納付書が入ってなかったか”一応”探したりしていました。


そうこうしているうちに、同じ大学に子どもを通わせてる友達が遊びに
きたので、「なあなあ、後期の授業料の請求来た?」と聞くと、



「4月に納付書をまとめてもらってるよ。前期の納付書の後ろに綴ってあるやつ。
あの、黄色い用紙。振込み、10月中よ。」」




「・・・・・・ええっ!!!」


全然記憶にない。
でも、前期分の領収証がないのは、おかしいなあと思ってたんよな~。
あ~、もう絶対どっかにやったんだ!



帰ってきた子どもに、
「あの~、悪いけど、『アホな母のせいで』って言っていいから
新しい納付書もらってきて。」
オットの冷たい視線を浴びながら頼みました。

そして、昨夜
「150円払わんといけんかったよ。」と
子どもがもらってきてくれたので、一安心。


でも、なんで失くしたんだろう・・・・。
もう一回探してみよう。
あとで、「こんなところにあったよ」などと誰かにみつけられると
かっこ悪いし・・・・。

そう考えて、すでに何度か見た棚の書類をかき分けかき分け
確認していきました。




まあ、予想通りって言えばそのとおり、ご丁寧に黄色い表紙を中表に二つ折りにされて、
開いてみないとそれが何なのか全然わからない「学費納入綴」なるものが
書類の間に挟まってました。
誰が、こんなところに隠したん?



どう考えても、私しかいないよな~。



表紙には、「納付書再発行の場合は、手数料として150円いただきます」と
確かに書いてあるし・・・。







150円が15000円くらいに感じた夜でした。


  10月6日
 事務所の道を隔てて向かいの現場、今、大変なことになっています。
地面が整地したてで柔らかいせいで、しかも、それがちゃんと伝わってなかった
(と思われる)せいで、土を運んできたダンプカーのタイヤがズブズブと埋まって
しまったのです。

おおっ!!

今、無事抜け出すことができました!!

同僚の人が来てショベルカーでひっぱったり、タイヤの前に土をかけたり
ショボショボ降る雨の中、本当にお疲れ様でした。

朝早くから憂鬱な仕事の電話があったりして、テンションのさがっていた
私だけど、働く男達を見せてもらったし、がんばろっと!!

  10月5日
 日曜日、友達と美星町に行ってきました。
女4人の気楽なドライブです。『星の里青空市』ではちょうど牛乳まつりを
やっていて大勢の人。施設の中には、そば打ちを体験できるところがあり、
親切な先生にそばの打ち方を教えてもらいました。
その場で茹でてもらったおそばは、いままで食べたことがないくらいおいしくて、
今度またみんなで来て、夫婦対抗で出来栄えを競おうという話で盛り上がりました。

そば打ちの最中も、ジェラートを食べてる最中も、みんなそれぞれ持ってきた
カメラで写真を撮ります。ニコニコ顔を。


で、帰ってパソコンに取り込んで、いざそれを見ると・・・・。


目尻のシワが・・・・・。


解像度のよいデジカメは持っていかないほうが身のためかもしれません。

  10月3日
 昨日、「映像抜きで音楽を聴いてみようかな」と書いたのに、
晩ごはんを食べ終わってから、子どもが少し前にBSで録画しておいた
L'Arc〜en〜Cielのパリ公演を見始めて、思わず一緒に見てしまいました。
もうすでに放送時に見ていたのに!
子どもと一緒に、「hydeがかっこいいのはもちろんだけど、kenちゃんが好き!」
とか「ドラマーの、あの流れる汗がええよな!」とか言いあっていましたが、
もう一度見てしまっている分、思わず「このあと、kenがギター弾けんくなるんよ」
とか「この曲で、メンバーがパートチェンジするんよ」などと、予告してしまい、
子どもから冷たい視線を浴びてしまった。
 読んでいる小説の結末が気になって、先に最後のほうを読んでから、
改めて途中のストーリーを読み始めるということもよくしてしまうし、何でも
先を知りたがる性格なのかもしれません。

でも、自分のやらなければいけないことは、できるだけ先延ばしにしたがる
ちょっといやな性格・・・・。

  10月2日
 降る雨に秋の気配を感じます。
そういえば、オフコースの『秋の気配』いい歌ですな。
「あれがあなたの好きな場所、港が見下ろせる小高い公園・・・・」
小田さんの透きとおった声が心に沁み入ります。

10代の頃に、コンサート(今は『ライブ』?)に行きたい気持ちはあっても、
岡山まで出てくるのに何時間もかかる田舎に住んでいたし、そもそも親が許可して
くれるはずもなく、あきらめてFMを友に、ながら勉強をしていました。

雑誌やレコードのジャケットで静止している姿しかみられない人たちが、どんな様子で
演奏したり歌ったりしているのか想像したり、歌詞にある情景を思い浮かべながら聴いて
涙したり(そこに出てくる女の子は、大抵の場合自分を思いっきり美化した姿
だったけど、それは若さゆえということで!)・・・。

今よりははるかに想像力の豊かだった私・・・・。

秋の夜長、たまには映像抜きで音楽を聴いてみようかな。
いつもより素直な私になれるかな。

  10月1日
 10月突入~。あっという間に大晦日になりそうです。

オシュウトメサンの引っ越しも無事に終わり、今朝は4時半ごろから部屋に
掛ける絵の位置を決めて、いよいよ穴を開けるという作業を手伝っておりました。
重たい額を支えるために、まっさらの壁に3ヵ所穴を開けるのです。

「このへんか?」とオットが聞きます。

「お母さん、このへんでいいですか?」確認する私。

「もうちょっと右。あー、ええよええよ。」(他の片付けをしながらチョー適当な返事のオシュウトメサン)

「でも、もうちょっと下がいいんじゃない?」などと考える私を尻目に、
グイグイ壁に穴を開けていくオット。


まっさらな壁に開いた穴は4か所、額縁のふちが当たって壁クロスが破けたところ3ヵ所になりました。

オシュウトメサンはまだ、それに気づいていない・・・・。
まあ、飾った絵を他に移動しなければ、ずっと気づかないと思います。

部屋の模様替え、もうずっとしませんように・・・・。

   9月30日
 今日は、引っ越し。
なんと!! オシュウトメサンがお隣に越してきます。
と言っても、前の家でも隣に住んでたし、昨日までも歩いて2分くらいのところ
にいたんだから、『嫁姑戦争勃発』ということにもならないと思われ・・・・。

 私の窓ふきの回数と、オットとおかあさんの親子ゲンカの回数が若干増えるかも・・・・。

お互いの性格もよくわかっているので、気楽にやっていこうと思う9月最終日です。

子どもの大学が始まったので、お弁当作りにも少しだけ力が入り始めました。
オットの分だけ作るときとは、明らかにちがうモチベーション。なんでだろ?

 

  9月26日
 前に事務所があったところ。6年ほど前まで住んでいたところ。
いろいろな事情から、今取り壊しています。

ここから様子が見えるし、現地にもよく行くので、内装が取り去られ、
窓ガラスが外され、壁が崩され・・・・だんだん鉄骨だけになってきて
ちょっと寂しいです。

この建物は、基礎部分がとっても頼りなくて、北に向かってかなり傾いて
いたので、遊びに来た上の子の友達が「この家、なんか、ヘン」と何度も
言っていたのも、今となってはよい思い出です。

さてさて、そんなこんなで私たちを取り巻く環境はどんどん変化していきますが、
周りに押し流されることなく自分らしく暮らしていきたいと決意を新たにしたのであります。

「『自分らしく』ってどういうこと?」と聞かれると困りますけど・・・。

  9月24日
 9月、ラストスパート・・・・。忙しいです。

連休中、高知までドライブしてきました。
行き当たりばったりで、運良くキャンセルが出てたら泊まろうと、
目論んでいましたが、どの宿も「本日全館満室でございます。」
と言うつれない返事。
居並ぶ居酒屋さんと、ひろめ市場を横目に見ながら滞在時間
3時間ほどで帰ってきました。残念!!


桂浜を目指したものの、渋滞ですぐに断念し、太平洋の水平線を
じっと見て我慢しました。でも、やっぱり太平洋は雄大で、この波を
見ながら1時間はじっとしていられるなと思いました。

今度はちゃんと泊まるところを確保してから、行ってきます。

  9月19日
 今日から5連休の人、うらやましい。
太平洋を北上していた台風も東にそれていくらしく、連休中はおおむね
よいお天気らしいですな。
みなさんが楽しい時間を過ごせますように。

私はといえば、仕事のような仕事でないような、雑用の多いこの連休に
なりそうです。
何にもしないで、ひとりでゆっくり過ごす時間が欲しいなとちょっと思っています。

ご飯の用意とかもしないで、もうただひたすらダラダラする・・・・。
朝が来ても、布団の中でダラダラする。
自分のことだけする。
玄関のチャイムが鳴っても、出て行かない。
電話は、着信の番号を見て、出てもいいなと思う人とだけ話す。


世の中が嫌になっているわけではありません。念のため。

  9月17日
 今日、足かけ3ヶ月かかっていた大きな案件が無事契約できたので、
ほっとしているところです。

昨日、幼稚園くらいのかわいい女の子が私を見て、「おねえちゃん」と
言ってくれるので、念のため私の後ろに本当におねえちゃんがいないのを
確かめて「うれしいけど、『おねえちゃん』じゃないよ。『おばちゃん』だよ。」
と言いかけたら、一緒にいた母(実家の母、実母ですよ、実母!)が
間髪を入れず






「お・ば・ちゃん、
おばちゃんよ!!」






と、訂正してくれました。

私、軽く苦笑い・・・・。

そのことを、あとでオットに話すと、お母さんに訂正されたというそのお母さんを
女の子のお母さんだと思ったらしく、もし、そうだったらそれはそれで苦笑いだな
と思いました。

ま、現場では女の子が私に「おねえちゃん」と言ったとき、まさにその子のお母さんが
軽く苦笑いでしたけど・・・・。

  9月15日
 最近仕事の夢は見ていなかったのに、今朝は、うまく進んでいる契約が
あと少しのところでおじゃんになってしまった夢を見てしまいました。
変な夢を見ると、朝のテンションが下がってしまうので困ります。

昨夜は何パターンかの夢を見たけど、その中で、なぜか学南町の運動公園
そばの道路をトラックで走っていて、進もうとすると、前方にお皿が散らばっていて
そのお皿の中にはなぜか料理が盛り付けられているという夢がありました。
それを拾って荷台に積み、トロトロと進むとまた前においしそうな料理の載っかった
お皿が道の上に散らばっているのが目に入り、『もうっ!』と思いながら回収していくのです。
そうそう、霜降りロース肉の塊とかおいしそうな果物もバラバラと落ちていました。


いったい、何の暗示なんだろ?


タナボタ的に、おいしいものが手に入るという暗示だったら言うことないんだけどなぁ・・・。

  9月12日
 今日は、久しぶりの雨です。
お天気のせいもあるけど、朝5時半の空はまだ暗かった・・・。
昨日も、夕方6時ごろには暗くなり始めていたし、季節の移り変わりを
感じますな。

 

この間空き物件の確認で電話をくれた同業者のイケメン店長さんに
「エールさんのひとりごとは、食べ物ネタ多いですよね。」と言われて、
ほんとにその通りなのでちょっと恥ずかしかったのですが、そのあと、
「でも、ときどきちょっと哲学的なことも書いておられますよね。」
と持ち上げてくださったので、電話のこちら側で『ニヤリ』としていました。
親族以外に読んでくださる人がいると思うと、更新の励みになりますが、
ネタがなくて困ることもあり、自然と食べ物の話に・・・・・。

子どもネタのたくさんある妹達がうらやましかったりします。

成人した息子と大学生の娘の話ばかりしていると、「子離れせよ」
と言う声が飛んできそうだし、

ま、これからも食べ物と自分の子どもの頃の懐古的な話中心で
時々オットのおもしろい話も小出しにしながら続けて行きたいと思います。


(今、アップしようと思って改めてファイルを見ると、このひとりごとをはじめて
もうすぐ丸9年になることがわかって、我ながらビックリしているところです。)

   9月10日
 

悲しいほど美しい青空・・・・・。
前にも書いたかもしれないけど、きれいすぎる青空はなんだか胸が苦しくなってきます。

この空の下、楽しかったことが多すぎて、それをどんどん忘れてしまう自分がつらいのか、
大好きだった人や大切だった人と、もう一緒にこの空を見上げることができないさみしさか、


じっと見上げていると、思い出の中でしか会えない人たちの顔が浮かんでくるような・・・・。





秋が始まっているのです。




   9月9日
 で、その美咲町へのドライブの途中、オットは近くのコンビニにすぅーっと
車を止めました。
「なんか、おやつが必要じゃろ。」
まあ、特に必要とも思わなかったんだけど、せっかくそう言ってくれるので
一緒に中に入り、思い思いにおやつを選んでレジへ。
オットが持ってきたのは、ハンバーガーでした。あの、コンビニ特製の100円位の、
『テリヤキバーガー』と書いてあったような・・・・。
レジの方に渡して、



「これ、チンしてください。」


「チンて・・・・。」
むすめと2人で思わずツッコんでしまいました。
店員さんも笑いをこらえています。
家の中では、普通に「チンする」は使っているけど、
コンビニで「チンしてください」は一般的なのだろうか?

たぶん、一般的ではないような・・・・。


帰り道、子どもと3人で岡山の企業の話をしていて、

「カバヤとか林原、そうそう、ベネッセもあるよな。」
「ベネッセって直島でアートのプロジェクトしたり、いろんなことしてるよな?」



赤テン先生だけじゃないぞ」



「お父さん、赤ペン先生じゃない?
赤テン先生には誰も教えてもらいたくないよ。」

冷静に、むすめからツッコまれていました。

でも、楽しいドライブでした。


   9月8日
 

日曜日、珍しく予定の入ってなかった子どもと一緒に、美咲町というところに
お蕎麦を食べに行ってきました。

写真はその近くの棚田です。美しいです。
山の中の田舎育ちの私は、田んぼに囲まれて育ったようなものなので、
この棚田を見て「お~~~、感動的」とまでは思わなかったけど、オットと
むすめは、かなり感動していました。うちの周りにも、結構田んぼは
残っているのですが、南東の平野部ゆえにどこも広くて、猫の額のような
田んぼが段々に並んでいるのはとても珍しかったみたい。


そういえば、小さい頃隣の田んぼでドジョウを捕ったなぁ・・・・。
母方のお祖父ちゃんが来たときは、それでドジョウ汁を作っていたような・・・。
少し前に見た番組で、本物のタガメを捕まえてみたいという子どものために、
あちこち探してやっと見つける、というのを見たけど、私たちって子どものころ
貴重な体験をいっぱいしてたのだと、改めて考えたりして・・・・・。

まあ、そのかわりムカデに噛まれたり、牛の糞をふんづけたり、
デパートというものを詳しく知らなかったりしたんだけど。

  9月5日
 昨日、探偵ナイトスクープを見ていたら、「『大阪のジャンジャン横丁では
入ってから出るまでに、一銭のお金も持たずにお腹いっぱいになり、
さらに酔っぱらってしまうくらいに飲める。』と言うが、それは本当かどうか
確かめてきてほしい。」という依頼を小枝探偵が検証していました。

本当に、お店の人やそこのお客さんが、小枝探偵にビールやチューハイや
日本酒や焼き鳥を次々にごちそうしてくれます。
芸能人だからでしょ?
一般の人が歩いてみても、そうはならないでしょ?
と思うけど、カウンターで隣同士に座ったら、もしかしてありうるかも・・・。
と思わせる雰囲気のある町でした。

新世界、通天閣、行ってみたいです。

  9月4日
 ウルウルしながら愛車を見送った上の子は、あっという間に
ひとり暮らしの部屋へと出発してしまい、下の子も長い夏休みを
満喫するために友達と外出したりして、気がつけば(いや、改めて
気づかなくても)オットとふたり・・・・。


なんかさびしい・・・・。


大きな声では言えないけど、なんかさびしい・・・・。


さびしい、さびしい言ってても仕方がないので、晩ごはんにしよう。

ホットプレートをテーブルにどんと載せて、まずは豚バラスライス。軽~く塩コショウ。
漬けたての白菜キムチを芯にして巻いて口に入れると、
脂の甘みとちょっとニンニクの効いたキムチの辛みが溶け合って、
えも言われぬおいしさ・・・・。もうちょっと、お肉に厚みが欲しかったかな。

油分の残る鉄板の上に手で割いたヒラタケを並べ、これまた塩コショウを
パラパラ。さっと焼いてハフハフしながら口の中へ。
おいしい・・・。

そういえば、前にもらったホタテ貝柱が冷凍庫の中にあったなあ。
ガサゴソガサゴソ。急いで解凍してさっと焼いてパクリ。
う~ん、おいしい・・・。

ついでに、イカも解凍じゃ!

もう、ついでにウインナーも焼いちゃおう。

もちろん、ビールで喉をうるおしながら・・・。

『さびしい』言ってても、おいしいものはおいしいです。

でも、もう2日くらいいてくれたら、一緒にもっとおいしく食べられたのになあ・・・。

  9月3日
 昨日、もう13年も乗っていた車を廃車にしました。
家族をいろんなところに連れて行ってくれた愛車・・・。
愛車って言えるほど、私は大切にしていなかったなあ・・・・。

解体業者さんに引き取りに来てもらって、ちょうど遅い夏休みで
帰省していた上の子と一緒にその様子を見ていました。
あちこち傷がついて、ナンバープレートも付いていないその車は
とても寂しげに見えました。

「あちこち連れて行ってくれてありがとう。」
「子どもたちの成長を見守ってくれてありがとう」

今、こう文章にしていても泣きそうになります。

横に立っている息子も心なしかウルウルしていました。
「スキーに行ってスリップして一回転したこともあったよな~。」
などと、思い出話をしたりして・・・・。
息子は、この車を使って友達とも出かけていたので
そういう思い出もたくさん持っているようです。

車載車が見えなくなるまで見送って、もう一度『ありがとう』と
心の中で言いました。いままで、いろんな車に乗ってきたけど
特別な、頼りになるヤツでした。

   9月2日
 今朝、「ちょっといい?」と妹から電話がありました。
もうすでに声が笑ってる・・・。

まだ夜中ともいえる午前4時、弟のお嫁ちゃんから電話がかかってきたそうです。
「もしもし」

「もしもし?」

電話の向こうは無言。


もしもし?

やっぱり無言なので、子どもの手か本人の手が当たったのか、または寝ぼけた
子どものいたずらか、そんなところだろうとまた眠りについたそうです。

そこまで聞いて、実家の家族に一大事とかじゃなくてよかったと思い、
実はこういうことだったというおもしろい話を期待していたら、

話は意外な方向に・・・・。

朝になって起きると、隣に寝てたダーリンが、
「夜中、寝ぼけて『ムシムシ、ムシムシ』って言ってたぞ。虫なんかいなかったぞ。」
と、何回も『ムシムシ』言って、うるさかった的な感じで言われたらしいです。

『もしもし』と『ムシムシ』・・・・確かに似てるけど、目を開けて奥さんがケータイを
持っているところまでは確認しなかったんですね・・・。

ダーリンのほうが寝ぼけてたんじゃない?とツッコミたくなる話でした。

まあ、夜中にオットがとっても面白い寝言を言ってるのを聞いて、おかしくて、
朝になって教えてあげようとしたら、何を言ってたかすっかり忘れてしまって、
ただ、おかしかったと説得力のない話をしてしまう私よりは記憶力がいいのかも・・・。

  8月31日
 今日は月末で忙しいけど、馬力をつけるためにも笑える話をひとつ・・・・。


土曜日、オットは玄関先で自転車修理をしておりました。
あの年代の男子は、パンク修理はもちろん、タイヤやチューブの交換もできるらしい。
(できる人が多いと思われ・・・)

オシュウトメサンが普段使っている自転車のタイヤチューブとタイヤの交換を
汗だくになりながら終えた後、私が使っている自転車の後ろタイヤのチューブを
交換していたオット。


あと少しでお風呂に入って、冷たいチューハイが飲める!


それを励みにぎっくり腰の痛みの残る腰をかばいつつ、タイヤを外してがんばっていました。
やっとチューブ交換が終わり、タイヤを自転車本体に戻すのに、後ろブレーキの調節や
チェーンの回り具合など気にしながら次々に小さなネジを締めていきました。
蒸し暑くて汗があごからポタポタ落ちるのと、ちょっと 老眼気味 のため眼鏡をはずしています。
玄関タイルに散らばったネジを拾っては締め、拾っては締め・・・

「ん??」

ひとつのネジをネジ穴に入れようとしておさまりが悪いのかじっと見ています。
その瞬間



「うわぁ~!!」


そのネジを放り出しました。





「ダンゴ虫じゃ~~」


そうです、ダンゴ虫が丸まっていたのをネジと間違えて、つまんで使おうと
していたのです。
その尋常じゃない慌てぶりがおもしろくて大笑い。

暑かったけど、いいもの見せてもらいました。

本人も、バツが悪そうに苦笑いでした。
予期せぬことには、予期せぬ反応をしてしまうものですな。

さあ、今日もがんばりましょう。

  8月28日
 昨日、人のお弁当の中身が気になるという話をしましたが、
ご飯を食べに外に出たとき、隣のテーブルの人が食べているものも
と~っても気になります。
 隣のテーブルに料理が運ばれてくると、横目にキラリと見てしまいます。
そして、それはとってもおいしそうで、「あれ頼めばよかったかなあ・・・。」
と思ったりすることもしょっちゅうです。
まあ、さりげないふうを装っているつもりだけど・・・、私は・・・・。


その時向かい合って座っているオットは、改めて聞いてみたことはないけど
私以上に隣の人の頼んだ料理が気になるらしい。


視線だけでなく、顔全体が運ばれてくるお皿について回っているもん。
私が隣のテーブルで食べている人だったら、絶対その視線に気づくと思う。


もしかして、夫婦ともども隣のテーブルの人に迷惑がられているかも
しれません・・・・。

でも、人の食べているものはなぜかおいしそうに見えますよね。

  8月27日
 今日も食べ物ネタですが、実は人の食べているお弁当が気になります。
自分が毎日作っているから特にそうなのか、やっぱりみんな気になるものなのか
よく分かりませんが、かわいい幼稚園児や少食の女子高生のお弁当より、
食べざかりの男子高校生や炎天下で汗を流しながら働いている大工さんや
職人さんの大きなお弁当箱の中身が気になる・・・・。


どういう割合でごはんが詰めてあるのか?
ごはんの上には梅干しなのか昆布の佃煮なのかふりかけなのか?
そもそも質より量なのか?
塩サバよりも鶏のから揚げのほうが出現率が高いのか?
プチトマトは必ず入っているのか?
玉子焼きは甘いのか辛いのか?
緑色は、ほうれん草や小松菜の胡麻和えなのか、ピーマンの素揚げなのか?



どんなお弁当でも、気持ちがこもっていればおいしいに違いないですけど・・・。

  8月26日
 窓を開けていると、涼しい風が入ってきて気持ちいいです。


でも、この天候のせいで野菜が高い!!
昨日作ったカレーにじゃがいもを入れるのに、うちにあったのが3コ。
「確かこの間買ったとき、5コで248円だったよな~。」




結局その3コで作りました。
多少サラサラしたカレーになったけど、もったりカレーより家族には受けが
いいので、まあ、よしとしましょう。
じゃがいもがごろごろ入ったもったりしたカレーも私は好きなんだけどな・・・・。

最近は、ニンニク、ショウガで香りを出した後、玉ねぎをひたすら炒めて
チキンとトマトでつくるチキンカレーと、ルーを何種類か混ぜて隠し味に
バナナやリンゴを使う普通のカレーを交互に作っています。

チキンカレーの玉ねぎを炒めるのは本当に時間もかかるし、
腕もだるくなって疲れるけど、あのおいしさを考えるとがんばろうかな
と思えるから、人間の私の食に対する執念も相当なものだと思われ・・・。
いつも、せっかくだからたくさん作って少し冷凍にしておこうと思うけど、
作ってみると3日間くらいダラダラと食べて(決して毎食ではありません!)
結局冷凍保存するほどは残らないということになってしまいます。
辛く作って、汗をかきかき食べるカレーはおいしいです。
もちろん、一緒に飲む冷たいビールも・・・・。


なんだかカレーが食べたくなってきませんか?


  8月24日
 お盆休み中に、九州方面に旅行した友達がお土産を持ってきてくれて
その時に撮った写真も見せてくれました。
長崎の軍艦島を見に行くと聞いていたので、その写真が見たかった。
で、船の上から撮った写真はどれも、ほんとうにひしめき合うように建物が
建ち並んでいて、海岸べりの建物はつま先立ちして踏ん張っているような
そんな印象でした。半世紀前には何千人もの人が住んでいて、
今では誰も住んでいない廃墟の島・・・・。
できればいつか自分の目で見てみたい島です。

でも、波が高くて、船酔いで途中から写真が撮れなくなるくらい
大変だったらしいです。家族4人で行って、船酔い2人、へっちゃら2人。


半分の確率だったらやっぱり行ってみたいかも。


  8月21日
 恥ずかしかった話、第二弾。

2ヵ月ほど前に修理してもらった冷蔵庫の調子がまた悪くなって、
また、修理に来てもらいました。
前回と同じ人だ・・・。

「12時から15時の間に行きます。」ということだったけど、そんなに早くは
来ないんじゃないかな?という予想をして、12時過ぎにむすめとお昼ごはんを
食べ始めました。牛丼を作りました。

予想に反して、食べ始めてすぐに来られたので、こんな症状ですと説明したあと、
残りを食べていました。

「あの~」と、呼ばれたので行ってみると、前回と同じ故障なので、メーカーから
直接修理に来るように手配しますとのことで、すぐに帰っていかれました。


今日は、冷蔵庫の中、結構きれいに片づけといたのにな・・・・。
まっ、いいか・・・などと思いながらもう一度丼を手に取ったところで、
「おかあさん、その格好で話してたん?」と、むすめが聞くので、
「そうだよ。」(ちゃんと、洗濯した服着とるよ)と答えると、急に
大笑いし出して、「前見てごらん。」

「前って・・・・。」と、胸のあたりを見ると、



ご飯粒が3粒


ポロシャツのボタンの横あたりに並んでくっついていました。


そうです、ご飯粒つけたまま、「暑いところ、お疲れさまでした。」とか
「はい、メーカーさんの連絡待ってます。」とか受け答えしていたのです。


恥ずかし~

ニッコリ笑って別れた後、鏡を見たら、前歯に青のりがついていたのに気づいたくらい、
バイバ~イと手を振ったあと、ズボンのファスナーが全開だったのに気づいたくらい
(いや、やっぱりそれほどでもないか)恥ずかしかったです。
でも、おかしくて当分笑っておりました。

  8月20日
 ひどく、慌てて恥ずかしかった話を。

昨日、うちで工事をされている人に飲んでもらう缶コーヒーを買いに、
隣のスーパーに行きました。入口を入りかけるとオットから電話が・・・。
とにかく急いで帰らなければならなくなり、でも、買い物は済ませなければと
焦って缶コーヒーを手に取り、気づくと、



持って行ったエコバッグに直接入れてしまってる私・・・。その数、すでに4本。


アワワワ・・・・・。万引きGメンが駆けつけてきたらどうしよう・・・・・。


とっ、とにかく店内カゴを持ってこなければ!!


あたりを見回すと、すぐそばにカゴが重ねて置いてありました。
すぐさま、そのかごにエコバッグを逆さにして家の鍵ごと商品を移し、2~3回バッグを振って
(あたかも、『私、なんにもヤマシイことはありません、中には何も入ってません』的なかんじで)
残り4本をショーケースからとって追加し、急いでレジに行ったのです。

無意識とは言え、自分のとった行動に衝撃を受け、レジのおねえさんに
「もう、急いでたから自分のバッグに直接入れててびっくりしたわ~。」
などと、聞かれもしないのにわけのわからないことを口走り、

「はあ???」みたいな顔をされて、さらに恥ずかしくなり、お釣りをもらうのももどかしく、
そそくさとスーパーを後にしたのです。
考えてみたら、バッグに入れたままスーパーを出てしまったわけでもないので、
そんなにうろたえる必要もなかったんだろうけど。


はぁ~・・・・。


買い物に行ったときは、どんなに急いでいても、必ず入口で店内カゴを手に取りましょう。

  8月19日
 昨日、むすめの友達が泊まりに来ました。
友達というか幼なじみです。幼稚園から中学校まで一緒で
別々の高校、大学へと進んで、その子は県外でひとり暮らしをしています。
おもしろくって、生真面目で優しい子です。
大学に入って初めての夏休み、5ヶ月ぶりに会ったけど、全然変わってません。

なんか、うれしい・・・・。

むすめと彼女は、お互いを『心の友』と言っていて、むすめ曰く
「一番自然体でいられる友達」だそうです。うん、そばで2人の様子を
見ててもそう思う。オットも一緒に4人で晩ごはんを食べて、ひとり暮らしの
大変さやがんばっている様子を聞いて、2人とも大きくなったなぁ、と言うか
大きくなっちゃったなぁと思いました。
あとで、「進学が決まって岡山を離れる前に2人で撮ったプリクラが、○○ちゃんの
スケジュール帳の一番初めのページに貼ってあって、すごいうれしかったよ。」と
むすめが言うので、私もなんだかすごくうれしくて、時々はうちの子のこと思い出して
じっと見たりしてくれてるのかな?と思うと、うるうるしそうでした。

今週末には、いったんマンションへ戻るそうで、今度会えるのはいつかな?

体に気をつけて、がんばってね。

  8月18日
 昨日の朝、庭に出ていたオットの「おーい!!」と呼ぶ声に外を見ると、
物干しにつかまって斜め30度位に変に腰を曲げたオットの姿が。
「ボビーの足拭いてくれ。・・・やばいぞ、やばいぞ・・・。」
お盆休み明け、仕事が始まる日に



「ぎっくり腰で休ませてください。」



て、さすがに言いにくいし、湿布を貼って、痛み止めを飲んで
とっても変な格好で仕事に出かけました。
多分、そこまでひどくなかったんだと思うけど、痛風発作が出たり、
腰が痛くなったり、何かと忙しい人です。

そして今朝、「だいぶマシになった」というオットの腰に昨日と同じように
湿布を貼ろうとすると、「左、左、もっと左」と言うので、「これ以上左に寄せると
背骨を超えてしまうけどな・・・」と思いながら少しずつずらしていると、
「ワシ、痛いの左側!」

「え~っ、昨日は右側に貼ったよ!」

「昨日から左側が痛いって言ったのに、ちゃんと聞いてないなぁ~」

昨日は、ちゃんと「ここ?」と押さえてから貼ったはずなのに、なんか、
納得のいかない朝でした。

  8月17日
 お盆休みも終わり、8月も半分以上終わって、今日からまた仕事を
がんばります。
 お休みの間何をしていたかというと、実家に帰ったのが一大イベントで
(と言っても、1泊しかできなかった・・・・)あとは、家でゆっくりしていたのですが、
実家に帰ったとき、久しぶりに湯原温泉に行きました。

子ども時代を過ごしたところです。

温泉街とは離れたところに住んでいたとはいえ、よく親戚の家に遊びに行ったり
温泉に入りに行ったりしていたので、久しぶりの旅館街はずいぶん変わっていて
びっくりしました。まず、私が子どものころあった旅館が新しい名前に変わっていたり、
廃業していたり、当時旅館で働いていた人がたくさん住んでいたアパートや家が
取り壊されて空き地になっていたり・・・・

なんとなく寂しい気がしました。

でも、湯原温泉は今、温泉街を活性化させようといろんなイベントや試みを
実施しているそうです。
実際、街を歩く観光客の人もたくさんいました。

夜になると、浴衣を着たおじさんやおばさんが、カラコロと下駄を鳴らして
露天風呂に行ったり、お土産物屋さんをのぞいたり、子どものころに見たそんな光景を
思いだして、ちょっと郷愁にかられました。

写真は、足湯のところから旭川と対岸の山を撮ったものです。
携帯でとったので、分かりにくいけど、この右手に昔本屋さんだった建物があり、
一緒に行った父に聞くと、もうだいぶ前に閉店されたそうで、小中学校のころ
この本屋のおじさんが、『よいこの学習』とか『中1コース』とかを月に一度学校まで
配本に来てたことや、荷台に茶色の大きな箱をのせたカブがいつも店先に止まっていた
ことなんかを懐かしく思い出しました。
さほど広くない本屋さんだったけど、本好きだった私の心をくすぐる場所でした。
 


  8月11日
 おそるべし重曹。
昨日子どもが「明日、○○ちゃんが泊まりに来てもいい?」というので、
「どうぞどうぞ、晩ごはん何しようかなぁ」と言ってみたものの、
今朝、コンタクトを入れた目で見ると、お風呂の床が汚い!
うちの、浴室の床は不規則にデコボコしていて、だんだん足の汚れや
せっけんカスや湯あかの汚れが目立ってくるようで、相当ゴシゴシしないと
きれいになりません。
なんとか、楽にきれいにならないかなと思って、パッケージに『お風呂掃除に』
と書かれた「重曹ちゃん」をふりかけ、たわしでごしごしすると、あ~ら不思議。
そんなに力を入れなくても汚れが取れていきます。
あのとき何を使ったらきれいになったんだっけ?と思いださなくてすむくらいの
間隔で掃除しないといけないんだけどなー。

  8月8日
 「さん」で呼ばれていた人が、急に「容疑者」になってびっくりですが、
人は見かけによらないもの。
 特に、優しそうに見える人が何かの拍子で豹変して、口汚く人を罵ったり
するのを見ると、どうしていいのか分からなくなります。なんとなく、聞いている
私まで意地悪な顔になってしまっているのでは・・・と思ったりして。

 「人がどう思おうと関係ない、自分の言いたい事を言う」
これを一度はやってみたいと思うけど、誰かに向って声を荒げている
自分はどうも想像できないし、冷静に、完膚なきまでに相手を言い負かす
ということもできそうにないので、『事なかれ主義』と言われても仕方ないかなと・・・・。
ま、そこまで人に敵対心を持ったことがない、といえるかもしれないので、
それはそれで幸せなことかもしれません。

  8月7日
 昨夜、「奇跡のシンフォニー(August rush)」という映画を観ました。
強烈に惹かれあって一夜を共にした美しいチェロ奏者と若いミュージシャンが、
お互いの事情から離れ離れになって、その時、授かった子供は交通事故で死産。
11年以上経っても、お互いの心の傷は癒えず(彼のほうは妊娠したことさえ知らなかった)
満たされない日々を送っていたところ、実は、その子どもが生きていることがわかり、
その子どもを探し出したい気持ちと、演奏に対する情熱がどんどんふくらんでいきます。
彼のほうも、彼女に会いたい、音楽をもう一度やり直したいと思い、今の安定した生活から
飛び出します。
孤児院で育ったその子は、いつか両親が迎えに来てくれることを信じて、音を友達に
暮らしていたけれど、音楽に導かれるように孤児院を離れ、NYでその才能を開花させて
やがて、両親と巡り合える日が来る、というお話なのですが、ハッピーエンドでよかったと
心から思える作品でした。
 この映画、出来すぎじゃない?と突っ込みたくなるところもあるけど、それ以上に、
愛する人に対する思いは、どんな時でも強く自分を勇気づけてくれるのだと訴えてきます。
現実に物事はそううまくはいかないとわかっていても、見えない糸で結ばれ導かれる関係
ってあるのかなぁと思ったり、何より全編に流れる音楽がよかったです。
 身の回りで聞こえる風の音、車の音、靴音、鳥のさえずり・・・すべてが音楽につながっていく
この少年の才能。すばらしいとしか言いようがありませんでした。

機会があったら是非、見てください。おすすめです。

 8月6日
 先日遠方に出かけているときに、携帯に不在着信が・・・。いつものようにかけ直すと、
なんと、電話の向こうで「岡山中央署です」との声が!警察署から電話なんて
何事が起こったんだろうとドキドキしながら、電話をもらったけど出られなかった
ことを説明すると、署内に問い合わせてみたけど、誰が掛けたかわからないとのこと。
管内の派出所から掛けても、同じ電話番号が表示されるそうで、結局どんな用件だったか
分からずじまいでした。

そこからが大変。まず、目の前にいない子どもとオシュウトメサンに電話。
二人とも、すぐ電話に出たから安心したけど、一応
「何も変わったことない?」
「うん、べつに変わったことないよ。」

あ~、よかった。とりあえず、家族の身には何も起こってない。

そこからは随分落ち着いて、「急なことだったらまたすぐに電話があるよな。」などと、
オットと話していました。それからも、特に変わったことはなく、次の日になってもう一度
電話があって、どうしてうちに警察から電話がかかってきたのか明らかになったわけですが、
事件とか事故とかには関係ないことだったので、一安心でした。

それにしても、警察からの電話、ドキドキするし、掛ってこないに限ります。

  8月5日
 今日から、うちでは、とある工事が始まっていますが、やっぱり屋外での仕事、
まっ黒に日焼けしておられます。

 昨日お風呂に入ろうと服を脱ぎかけたオット。何の用事か途中でリビングに出てきて
居合わせたむすめに「お父さん、日焼けしとるなぁ」と指摘されていました。
服から出ているところは真っ黒で、首から下はまっ白(ってほどでもないか・・・)の
見事なツートンカラーになっています。

「かっこ悪い焼け方じゃけど、仕方ない。」
と言いながら、メタボチックなお腹をキュッとひっこめたのを私は見逃さなかった!

オットは男子校出身で、女きょうだいがいないので、お年頃になったむすめにどんなふうに
接したらいいか、よく分からないことがあるそうです。

「むすめの前ではかっこいいお父さんでいたい」と常に思っているのがよく分かる瞬間でした。

でもねぇ・・・。そのあと子ども時代を思い出すと言って「ガメラ」を見はじめて間もなく
グーグーいびきをかいてしまうのはちょっとねぇ・・・・。しかも、「お父さん、寝てるん?」
と聞かれて「寝てない!」とキレぎみに答えるのは・・・・。

ちょっとかっこ悪かったかも。

  8月4日
 
 花火大会のお天気は、中盤くらいになってポツポツ。
「あれっ?雨かな?」程度だったのが、クライマックスとともに



ザーッ・・・・


無情にも、空を見上げるみんなの上に降り注いだのでした。
小さな子どもちゃんを連れた人や、デートでかわいい浴衣を着た子たち、
もちろん私たちもずぶ濡れ。
いつもなら花火の余韻を楽しみながら、身動きとれないほどの
人の波の中を帰っていくところだけど、みんな歩くのが速い速い。
とにかく、新西大寺町の商店街まで歩きました。

もう少しでアーケード、あそこまで行けばもう濡れないと思うけど、
みんな考えることは同じ、なかなかアーケードまでたどり着かない・・・・。
一緒に見ていた友達夫婦ともはぐれてしまったみたい。

商店街に入ると人も分散して、友達も見つけられ、目指すは反省会会場。
もうひと組の友達夫婦がすぐ近くの居酒屋さんを予約しておいてくれました。

クーラーの効いた部屋で、濡れた服のままビールを飲んでだいじょうぶかな~
という心配はどこへやら、ビールが熱燗に変わったり焼酎に変わったり、
梅酒に変わったりしながら楽しい夜は更けて行きましたとさ。
 

 8月1日
 今日から8月。今日・明日と岡山市内中心部はお祭りで、
花火大会とかうらじゃおどりとか、にぎやかになるようです。
今晩は花火だけど、お天気はどうかな?
午前中は激しく雨が降ったりしていたので、準備をされている人たちは
気が気じゃないかも知れませんね。あと、夜店の人たちも・・・・。
 雨が降らなかったら、私たちも花火見物に行く予定ですが、
夜店を冷やかしながら大輪の花火が見られるかどうか、さらにそのあと
涼しい居酒屋さんで、冷たいビールをグビグビできるかどうか・・・・。
この後のお天気が気になります。

  7月31日
 今日も、青空。
でも、いつもの夏ほど暑くありません。て、今、エアコンの効いた
室内にいますけど・・・・。

昨日の夜、10時半を過ぎたころ、福岡にいる息子からメールが・・・。

「ボビーの写メ、何枚か撮って送って!」

急になんだろ?と思いながら玄関のタイルの上で寝ているボビーを何度も呼んで
(聞こえないのか、動くのが面倒で聞こえないふりをしているのか、なかなか
こっちを向きません)カメラ目線のかわいい写真を何枚か撮って送ると、

「ボビー、さらにおじいちゃんになっとるけど、元気?」と聞いてきました。

「まあ元気。耳が遠くなってるみたいで、呼んでも、なかなかこっち向かんけど。」
と答えると、

「寂しいなぁ、でも、元気ならいいんだけど。」

なんで、急にボビーのことが気になったのかな?と考えているうちに
脳裏に浮かぶあの部屋の汚さ!!

先日福岡に行って、ひとり暮らしの部屋を見た瞬間、その散らかりように
気が遠くなりそうだったことを思い出しました。
ほとんど自炊していないようで、生ゴミのいやな臭いがしなかったのは
よかったけど、ペットボトルや空きカンや雑誌と一緒に暮らしているような部屋。
慣れない仕事で疲れて帰ってくるから、掃除をするヒマがあったら
睡眠時間にあてたいのかもしれないけど、それにしても・・・・・・。
と考えながら、汗だくになって洗濯や掃除をしたことを思い出して、

「ボビーは元気。          




洗濯しなさいよ。」と思わず、返事すると、

それっきり、メールは返ってきませんでした。
下手に返事をすると、くどくどとお説教メールが続くと思ったに違いない。


  7月30日
 
 やっと、夏らしい青空。
 セミも元気に鳴いています。
 今年の夏は日照不足だそうで、農作物の実り具合が気になります。

災害復旧の作業にあたっている方々、熱中症に気をつけてください。

  7月29日
 昨日は、うっかり言ってしまったひと言で、お客様をものすごく怒らせてしまって
どうしたらいいかなぁ~と途方にくれていましたが、今日、時間をおいてもう一度
話をさせてもらって、なんとか解決しました。
あ~、よかった。
いつも、誠意ある対応を心掛けねば・・・と反省しました。

さて、一昨日、境界確定の立ち合いに行ったついでに、
岡山に新しくできた蒸しパンの専門店に行ってみました。
もともとは大阪で超有名だったお店がフランチャイズ展開しているようです。

もっちりとした自然な味でとってもおいしかった・・・・・けど、
蒸しパンと言えばやっぱり子どものころ母がよく作ってくれた蒸しパンが一番!
一昨日買ったものと比べると、多分もっちりもしてないし、ふっくらもしてないし
もしかして「あれっ?なんかモソモソしてるぞ」と思うかもしれないけど、
忙しい母が、仕事の合間に私たち子どものために作ってくれたというだけで
ふかふか度が10倍くらいになるのです。
蒸し器の蓋をあけると、湯気の中から現れる薄い黄色の蒸しパン・・・・
なつかしい!!

たま~に思い出して作るけど、家族にはおおむね不評です。
ほかに、いっぱいおいしいお菓子知ってるんだもんね。

  7月27日
 3日ほどお休みをいただいて、福岡に行ってました。
出発は24日の金曜日。
山口の豪雨のニュースを聞いたり見たりして、山陽道は大丈夫よな?
などと考えつつ、「明日にかけて九州北部では大雨になるでしょう。」
という天気予報をチェックしながらの車の旅でした。
 宮島SA手前までは快調快調!!
でも、道路情報で中国道美祢IC~小月ICまで通行止めの告知が・・・・。

山口JCで中国道に入って、関門橋を渡り、九州自動車道を進むつもりなのに・・・。
宮島SAで確認すると、山口南ICで高速を降りて、国道2号線を迂回、小月ICから
中国道に入ってくださいとのこと。

とにかく行ってみよう。時間もまだあるし・・・・。と出発したものの、2号線に出て、
厚狭というところあたりからものすごい雨。そこからはもう雨雨、九州に入ってからは
さらに前が見えないくらいの雨で、前を走る車のテールランプだけが頼り。
たどり着けるかなぁと心配になってしまうくらいでした。
助手席に座っていた父、たくさんの荷物とともに後ろに座っていた母と3人で、
前をじっと見てみんなで運転していたようなものです。
太宰府ICから都市高速に入ってほっとしたのもつかの間、妹の代わりに甥っ子たちを
迎えに行った保育園のあたりでまた一段と雨がひどくなって、やっと妹の家についたときには
頭から足の先まで水が滴り落ちるくらいびしょぬれになってました。

でも、無事着いてよかった~。
岡山から福岡まで、7時間以上もかかるなんて、ほんとに大変でした。

幸い妹のところは被害もなく、しばらく滞在する両親を残して
昨日新幹線で帰ってきましたが、自然の猛威を肌で感じた3日間
でした。被害に遭われた方々、心からお見舞い申し上げます。

社会人一年生の息子の様子も、なんとか見に行けたし、雨の合間に
ほこりだらけの部屋をふーふー言いながら片づけた話などは、また
今度アップします。

  7月22日
 深夜の雨、激しかったですね。
防府市の災害のニュースを見た後だったので、屋根をたたく雨音に
じっと耳を澄ましていました。
次に気づいたら、朝だったけど・・・・。
最近、オットの出勤時間が早いので、5時から5時半の間に起きて
朝ごはんやお弁当の用意をするわけですが、寝るのが1時前とかなので
ちょっと、寝不足気味かもしれません。
連休中も夜更かしだったし・・・・。

19日の日曜日、友達の家に誘われて、そのおうちの親戚の方々が
集まっているのに、厚かましく夫婦で仲間に加わってきました。
もう一人、仲のよい友達も一緒に。
みなさん、気さくな方たちで、初対面なのに前から知っているような
雰囲気の中で楽しいお酒がすすみました。

友達が冷蔵庫から出してきてくれた大吟醸は、喉をすっと通った後
ふくよかな香りがいっぱいに広がるようなすばらしいお酒でした。
友達のお姉さんが日本酒しか飲まないということで、私たちもご相伴にあずかれたけど、
友達のご主人が、そのお酒を見たとたん『おいおい、それ、高いんで~』
と思わず言った一言が、その価値をあげてくれたのは間違いありません。
でも、ちびりちびりではなく、結構ガブガブ飲んでしまったような気が・・・・。
ごちそうさまでした。

  7月18日
 ふぅ~、暑い。
太陽光線が肌を刺すように感じます。昔の真夏の太陽は、もっと優しかった。
今は、虫眼鏡で集めた光が直接肌を焼いているようです。

 7月17日
 今日は、午前中のほうが午後より降水確率が低かったので、
雨がひどくならないうちにと10時ごろから案内させてもらったのに、
そして、そのときは結構強い雨で、敷地まわりの様子とかじっくり
見れなかったのに、午後になってだんだん雨脚が弱くなっているとは、
皮肉なものです。
 自分の予想したことが、そのとおりに運んで、しかも上手くいくという
ことも、たま~にあるけど、予想通りにいかないことのほうがはるかに
多いし、しかも予想もしなかったことが起こってしまうこともよくあるわけで・・・・。

 予想通り、何が言いたいのかよく分からなくなってきました。

最近、やっと村上春樹の『ノルウェイの森』を駆け足だけど読み終えて
この小説が発表されたのが1987年ということで、もし、その時に読んでいたら
(登場人物の大学生のワタナベ君や直子や緑とほぼ同年代だったんだけど)
もっとさらっと読み流してしまって、登場人物の誰にも共感できなかったかもしれない。
少しだけ人生の経験を積んで、少なからず「自分以外の人のために生きてる気がする」という
瞬間を過ごしてきた今だからこそ、読んで胸に響くものがあったかも。と思いました。
本当は、昔に読んで、『1Q84』で話題になっているからもう一度読んでみたというほうが
発見が多かったかもしれないけど・・・・。
イスラエルでのスピーチのニュースを見たり、新刊が話題になったりして
やっと手に取ってみた村上春樹ですが、次に何を読むのがいいのかな。

全体を通して、文字で書かれた情景がはっきりと頭の中で映像になるような小説だなあ
と思ったけど、彼の書く小説は、どれもそうなのでしょうか?

  7月16日
 梅雨明けはもう少し先のようで、皆既日食見られるかなぁ~と思っていますが、
当日のお天気、良ければいいんだけど。
 子どものころ太陽の観察で使っていた下敷きでは目を傷めるので見てはいけないそうで
専用のグラスはもう用意できないだろうから、昨日ニュースで紹介していた木漏れ日で
見る方法というのを、ぜひ試してみたいです。適当な場所を見つけておかないと・・・。
 それにしても、小学生の時、夏休みのプールで休憩時間中、人数確認のために
持っていた下敷きを名刺大(もっと小さかったかも)に切ったカードでよく太陽を透かして
見ていた記憶があるけど、本当はやっちゃいけないことだったなんて・・・・。
当時はごく普通のことだったのに。
下敷きを通して見る太陽は、空に光輝いているよりずっと小さくて、
やっぱりず~~~っと遠くにあるんだなぁと思ったものでした。
そうそう、夏休みの宿題に星の観察もあったなぁ。
時間が経つと星の位置も動くなんて、季節によって見える星が違うなんて、
うーん、ちょっと苦手です。
でも、田舎で空気がきれいで余計な光がなくて、北極星や北斗七星、カシオペア座などは
すぐに見つけることができました。
もう何年も肉眼で見ていません・・・・。

  7月14日
 暑い・・・・・・・・・。


ビールがおいしい。
いつもは『麦とホップ』を愛飲している私ですが、昨夜は友達が持ってきてくれた
『プレミアムエビス 超長期熟成 2009 限定醸造』を味わって飲ませていただきました。
語彙が貧困なので、どんな味だったのかは細かく書けないけど、
どっしりとした、苦味のある「う~ん、プレミアム!」な立派なビールでした。

毎日飲みたいけど、普段発泡酒を飲んでいるからこそわかる、このおいしさ
なんでしょうね。

世の中に発泡酒がなかったころ、高いけど普通にビールを飲んでいた私たち。
あの頃が懐かしい・・・・・。

  7月13日
 去年期待しすぎてがっかりしたブラックベリー・・・。今年も実をつけました。
もう、ビワのほうに意識が集中して、その存在を忘れてしまうところでした。

現金なもので、ビワの実の収穫が終わるととたんに気になり出す
ブラックベリーの味。

昨日、初めて黒く熟れた一粒を取って、まずはオットの口に・・・・。
「うん、まあまあ。」
ふだん、果物をあまり食べない彼が悪くないって言うんだからと
半分もらうと、

ありゃりゃ?おいしいよ!
去年とは甘さが違うよ!去年は、私の期待の大きさに、ブラックベリーちゃんが
ビビってしまっていたのだろうか・・・・と思うくらい、今年のは甘いです。
まだ赤い残りの実の数を数えて、今から、来年はもっとたくさん実をつければいいな
と過剰な期待を寄せています。
 

  7月11日
 昨日は、7月10日で『納豆の日』ということで、納豆ネタを書き始めたものの、
忙しくなってしまい、途中やめになっていました。
 納豆、最近食べてないなあ・・・・。回るお寿司屋さんの月見納豆が一番好き
かもしれません。一時期、納豆玉子かけご飯にはまって、お昼ごはんにそればっかり
食べていたせいか、冷蔵庫に買い置きがあっても手が伸びません。
 うっかり賞味期限ギリギリ、いや昨日だった!というときも、慌てず子どもとオットの
朝ご飯に登場させています。

  7月9日
 昨日は、久しぶりにスキヤキを食べました。
実家の両親が持ってきてくれたお肉をありがたく冷凍にしておいて、
子どもとオシュウトメサンのスケジュールの合うときを見計らって決行!
自分の親の持ってきてくれたものを、オットの親と仲良く食べられる
しあわせ・・・・。噛みしめながら食べましたよぉ。

「ワシ、明日の朝はこれの残りで牛丼してくれ!」
と、オットが言うので、残りの野菜と焼き豆腐を全部入れて火を
通しておきました。お肉は鍋の中に少し残っていたので、使わなかった分は
次回のごちそうのためにキープしておかねば。

そして今朝、仕事の都合で早く出かけなければならなかったオットは
5時半に起き、6時前から牛丼を食べ始め、ふた口ほど食べてこう言いました。




「肉は?肉がないっ!野菜しかないっ!」

肉汁をたっぷり吸った野菜と焼き豆腐とつゆがあるじゃありませんか。
お肉も申し訳程度ではあるけど、2切れほど入ってるじゃありませんか。
いわしの丸干しもふっくら焼けてるじゃありませんか。

朝から食欲があるのはいいことだと思うけど、本当にいいんでしょうか?

 7月7日
 
携帯のストラップ。
カエルが大きく口を開けているのではなく、使っているうちに
あちこち当たって、剥げてしまった状態です。口がどんな感じだったか
もう全然覚えてません。ペコちゃんみたいに笑ってたんかな?
去年実家に帰ったとき、母が「お父さんと北海道に旅行に行って
買ってきたよ。色違いでみんなの分あるから、どれがいい?」
と何個か見せてくれた中から選んだものです。
なんで北海道でカエル??って思ったりしたけど、使い始めました。
鈴になっているので、携帯を使うと「チリンチリン」ちょっと耳障り・・・。
そのうち、手で押さえて音が鳴らないようにして会話する技を身につけ
ました。
 もうそろそろお役御免にして、大事にしまっておこうかなと思いながら
当分そのままなんだろうなぁ・・・。ヘタにしまいこむと、どこに行ったか
わからなくなるもんなぁ。



親からもらったものは、なかなか捨てられません。

思い出話みたいだけど、両親、ちゃんと生きてます。

  7月6日
 梅雨の晴れ間、楽しいことがありました。
私の楽しいことと言えば、主に『おいしいものを食べる』ということなんだけど、
まあ、そういうことをしてきたわけで・・・・。
 とあるところでゆっくりとした時間を過ごしてきたわけですが、そういうところで
食べるご飯は、なんであんなにおいしいのでしょう。いい材料を使ってあるからに
違いないけど、一緒に食べる人やその時にする話やそういうことも一体になって
「あーおいしかったぁぁ~」度が増していくのだと、改めて感じた夜でした。
特に、ハモの天ぷらは口に入れて噛んだとたんうなりました。
   

  
 そのころ、オットは冷凍ごはんを解凍して、何年かぶりに焼き飯を作って
食べていたらしい・・・・。

  7月2日
 2.3日前のこと。
駐車場に車が止まり、男女二人づれのお客様がいらっしゃいました。
「僕のこと、覚えていますか?」そう聞かれて、まず車を見たけど見覚えがありません。
その人をもう一度見たけど、色の濃いサングラスをかけていてどんな目なのか
わかりません。
「すいません、覚えてないです・・・。」申し訳ないけど、そう返事しました。
そのあとの話で、以前物件を探しに来て下さった方だったということがわかりました。
そのときは、乗っていた車も違ったし、サングラスじゃなくメガネだったし、
連れの人はいなかったし、覚えてなくても仕方ないのでは?と思う反面、
人の記憶力私の記憶力って、あいまいなもんだなあとも思いました。

この間も、「ご無沙汰しています」と同業者の人が寄ってくださったけど、
「え~っっと」と、頭の中がフル回転でした。会社名は覚えていても、
その人の名前はすっかり忘れてしまっていたり、名前を覚えていても
会社名を思い出せなかったり・・・・。


そんなときは「どうも、こちらこそごぶさたしています。」と言いながら、
激しく目が泳いでいるはずです。
「どちらの、どなた様でしたっけ?」とは言えないですよね。
「お久しぶりの人と会ったときは、まず自分の名前を名乗ろう。」と
思う瞬間です。

  7月1日
 ツバメとスズメの『巣』争奪戦(6月20日のひとりごと)はスズメの勝ち
となりました。全然ツバメが飛んでこなくなったなぁと思っていたら
 
スズメが、枯れ草や何かの羽やわけのわからないものを巣に押し込み
始めました。これから卵を産んだりするのかな?
 
そしてうちの玄関ポーチは
 
 
掃いても掃いてもこんな感じ・・・。
来年もこんなふうになってしまうなら、この巣、ないほうがいいのかな?
そうも思うけど、壊してしまうのは罪悪感を感じるし・・・
どうしたもんでしょう。

  6月30日
 早い!!今日で6月お終いです。1年の半分が終わってしまう・・・。

この間の日曜日、近くの24時間スーパーへ朝早く買い物に行きました。
発泡トレーと空き缶を回収ボックスに捨てに行くと、店員さんが汗だくになって
仕分けをしていました。パッと見にも、回収できないものや普通の生ゴミが
混じっているのがわかります。思わず「お疲れさまです」と声をかけると、
夜の間に非常識な人が何でもかんでも捨てて行って困ると嘆いていました。
昼間は人目が多いせいかそういうことは少ないらしいけど、夜はへっちゃらで
捨てて行く人が多いそうです。
そんな話を聞いた翌日の23時頃、必要なものがあってまたそのスーパーに
買い物に行きました。
途中、町内会のゴミステーションに収集の日じゃないのにゴミ袋が・・・。
スーパーの入り口の普通のゴミ箱に生ゴミの多きな袋がねじ込んである。
買い物を終えてさっきの入口のところを通ると生ゴミの袋が増えてる!!
「はぁ~」と思って駐車場を見ると、若いカップルがカートを自分たちが止めていた
前の車のほうに寄せてほったらかしにして帰るところでした。
男性のほうがカートを寄せるのを女性のほうも何も言わず見て、二人一緒に
車に乗り込んで行ってしまいました。雨が降っているわけでもなく、所定の
置き場所まで50メートルも離れていないと思います。
そもそも、二人して持ちきれないほどの買い物をしたのでしょうか?
ごく普通のきちんとした身なりの二人です。
もし、子どもが生まれて一緒に買い物に来ても、「いいよ、そこに置いといたら
誰かが片づけてくれるから。」とか「買い物したんだから、この店の警備員や店員
が片づけて当たり前だよ。」とか教えるんでしょうか?

私だって、「このくらい、まっ、いいか」と思うことがないわけではありませんが、
なんか、とても悲しい気持ちになりました。

  6月27日
 最近、2年前に買った冷蔵庫の調子が悪く、修理に来てもらいました。
冷凍庫の内側になぜか水が漏れてそれがどんどん凍り、くっついて
ドアが開かなくなってしまうのです。
製氷タンクに水を入れすぎたり、まわりに水滴がついたままタンクを冷蔵庫に
入れるために庫内に水がこぼれることによって起こる故障だそうです。
「部品を持ってきたので、替えれば直ります。」
そう言って、業者さんが冷凍庫と冷蔵庫の棚を外し始めました。


ええっ!中身出すの?
そりゃそうよな、部品外すのに邪魔になるもんね。


冷凍庫には、中途半端に使った冷凍食品の残りが無造作に入れてあり、
冷蔵庫には、賞味期限のわからない瓶詰めやらなんやらかんやら・・・。

さすがに、カビの生えたものはなかったので、それだけでもよかったかと・・・。

多分、何十軒、いや何百軒の家庭の冷蔵庫の中を見ている業者さん。
この家はキレイ、この家は最悪、いちいちそんなこと考えながら
仕事はしてないだろうけど、作業をしている背中を見ていると



「うちの冷蔵庫の中の様子は、中の上ですか?中の下ですか?」

思わず、聞きたくなりました。

中位には間違いないだろうとと思っている自分が、正しいかどうかは
わかりませんけど。


  6月26日
 友達がお取り寄せを誘ってくれて、初めて実物を見た『丸岡のぎょうざ』。
かなり有名なぎょうざらしい。仕事帰りに持ってきてくれたのが午後7時過ぎ。
簡単な晩ごはんを食べていたけど、どんな味なのか食べてみた~い!!
オットに「ちょっとだけ焼いてみようかな?」と聞くと
「お腹いっぱいになってないし、ええけど・・・・。」
やけに歯切れの悪い返事。

ぎょうざと言えばビール!やっぱり上あごをやけどするくらいアツアツのぎょうざを
ほおばったら、冷た~いビールで喉をうるおさないと・・・・。


やっぱり、ビール飲めなかったら、ぎょうざの魅力も半減するのかな?
するよねぇ~。


一昨日から痛風の発作が出ているオットは、あまりの痛さに昨日は何も飲む気に
なれず、いつもなら「すぐに焼いて」というところを、「お茶とぎょうざじゃあなぁ・・・。」
とひとりごとのような返事をしたのでした。

でも、やっぱり焼いてみました。
ニンニクの効いた結構塩気のある味付け。
パリッとした羽。
もちろんごはんのおかずになるけど、ビールにピッタリの味でした。
オットに付きあって冷たい麦茶で食べたけど、おいしかった。
4つほど口に入れて、「もう、ええわ」と寂しそうにソファに寝転んだオット。


賞味期限は今日まで。今日も、ご飯のおかずかな?





私は、ビール飲もうっと。

  6月24日
 「あれっ?こんなところで・・・」と、知り合いを見かけると、
声を掛けるかどうか迷うことがあります。
一番声をかけにくいのは、友達のご主人。

たとえば、銀行で見かけると
「家族に内緒のお金の出し入れだったらどうしよう。」
「内緒の借り入れの返済に来てるんだったらどうしよう。」

街中で見かけると、
「こんな時間に、こんなところで何してるんだろう。」
「仕事、サボってたらどうしよう。」
「えーっ、本当はリストラされたこと家族には言えないで
仕事に行くふりしてたらどうしよう。」
「知らない女の人と待ち合わせだったらどうしよう。」

車ですれ違うと、
「営業じゃないはずなのに、なんで車?」
などと、何か悪いほうへ悪いほうへ考えがち・・・・。

みんな、ちゃんとした用事があってそれぞれの場所に
出かけて行ってるのに違いないのに、あいさつして
「しまった!!こんなところで会ってしまった。」と思われる
ことなんか100%ないのに、気付かないふりを
してしまう変な私。

夜、ちょうどその奥さんのほうから電話があっても、
「今日、○○でご主人見かけたよ。」と気軽に言えない
のは、何ででしょう?

私を見かけた人、どうぞ、そちらから声をかけてください。
名前がすぐに思い出せなかったら、ごめんなさい。


  6月23日
 電話を受けるとき、近くにメモ用紙があって、こちらの電話番号や
FAX番号、住所などを伝えるときに必ずそこに書きながら伝えるのは
私だけ?その電話の内容が、本人確認が必要なもので口頭で生年月日を
伝えるときにも、メモしながら言ってしまうので気をつけなければ・・・。 
 あと、話しながら不必要に四角で囲んだりその中に斜線を引いたり、
いろんなことをやってしまいます。

 小中高校生の時、教科書の偉い人の写真に落書きをしなかったのは、
絵が恐ろしく下手で、もし教科書を忘れた友達に貸したりしたら、大笑いされる
に違いなかったから。あと、ほんの少し真面目だったから。
 でも、落書きの上手な友達の教科書は、そのへんの漫画本よりおもしろかった
です。うちの子のノートや教科書、資料集でそれを見つけたときには、思わず
ニヤリとして、他のページも探してしまいました。
国語の教科書かなんかの隅にパラパラマンガを延々と書いてあるのを見つけたときは、
「あ~、ほんとに勉強きらいなんだなあ~。」と叱る気にもなりませんでした。
しかも、ちょっとおもしろかったです。

  6月22日
 昨日の日曜日、出かけていた娘から電話が入りました。
「もしもし、今家にいる?」
「うん、お父さんとDVD見とったよ。」

「じゃあ、お父さんから離れて。」

なんか事件が起こったのかな?とちょっとドキドキしながら別の部屋に行って

「どうしたん?何かあったん?」と聞くと、


「あの、父の日のプレゼントなんだけど・・・・」


そりゃ、お父さんの前ではできない相談よな。
ひとしきり、あーでもないこーでもないと話してリビングに戻ると、
「何の話だった???」と興味津津のオットの問いかけ。
最近よく出かける娘の行動に、彼氏の影を感じているらしい・・・。

そのことじゃないんだけどな~と思いつつ、適当に返事しようとするけど、
その適当な内容を瞬時に作るのが難しくて、しどろもどろで話していたら、
「もう!、はっきり言え!ワシに話せんことなんか?」とちょっと雲行きが
怪しくなってきたので、
「話してもいいけど、楽しみがなくなるよ!」
と言うと、何か思い当ったみたいでニヤニヤしながら
「あ~、わかった、もうええわ」とそこで話は終わりました。

それから約5時間後、「まだ帰ってこんのかなあ・・・」を10分おきぐらいに
繰り返し、楽しみにしていた渡辺謙の『刑事一代』を見はじめて間もなく
オットは眠気に勝てずに寝てしまったのでした。9時過ぎたばかりなのに・・・。
もちろん、楽しみにしていたプレゼントが何だったかも確かめることなく・・・。

今朝、娘が起きてくるのを待って「開けてもええ?」と聞いてから
テーブルの上の包装を開けている姿を見て、笑ってしまいました。

本当は、バイトの日以外は学校が終わったらすぐに家に帰って
一緒にご飯を食べるのがお父さんが一番喜ぶプレゼントなんだけど
それはできない相談だもんね。
実際、そんな箱入り娘だったら逆に心配だし・・・。

  6月20日
 朝から何店か同業者さんのところへ寄らせてもらって、皆さんの
キビキビしている様子を見て、「グータラしててはいかん!!」と
思って帰ってきました。(あっ、でも、ちゃんと仕事してます・・・)
 
 さて、空き家になっていた軒下のツバメの巣。
ここのところツバメとスズメが入れ替わり立ち替わりやってきます。
ツバメが巣に入っているのを近くの電線や木の枝からじっと見ている
2羽のスズメ。たまに巣の中に入っていることもあります。
なんか憎たらしい・・・。
たぶん、巣の所有権争いだと思うんだけど、どうしてもツバメの
ほうに味方してしまう私。スズメが飛んでくると大きな声を出して
追い払おうとさえしてしまう・・・。

ところが、今日はツバメが3羽やってきて大きな声で鳴いています。
そのうちの1羽はどう見てもじゃまもの。鳥の世界にもいろんな事情が
あるのでしょうか?なんでもいいから、ツバメのカップルがうちを
子育ての場所と決めて、早く卵をあたため始めてくれないかなと
やきもきしています。


  6月18日
 今週に入って仕事が忙しく、いろんなことが同時進行しています。
いつもは、どんだけヒマなんだって言われそうですが、いい出会いや
タイミングに行き当たったら、なんとか実を結ぶようにがんばらなくては・・・。

 それに伴って、晩ごはんの手抜き度が高くなっておりますが、そこは
我慢してもらわないと・・・・。
昨日も、まずは冷凍えだまめを解凍しておいたのと、きゅうりスティックと
マヨネーズをでーんとテーブルの真ん中に置いたのでした。

  6月16日
 仕事先から帰って来て玄関をあけると、ちょうど正面に家主さんから
いただいて花瓶に活けてある花菖蒲が見えます。
一輪ざしのせいか花札のあやめを思い出しました。
小さい頃、座布団を挟んで二人で遊んでいたおじいちゃんとおばあちゃんの
姿も・・・・。祖父母は近くに住んでいたので、よく遊びに行きました。
たぶん、他にいろいろしていたと思うけど、よく思い出すのは、ちょっと
暗めの居間で、花札をやっている姿と、テレビで大相撲を見ている姿。
(退廃的なムードは漂っていなかったと思う・・・)
通りに面したところにイスを出して日向ぼっこしている姿。
30年以上前に見ていた60代の祖父母は、思い浮かべると、
今の同じ年代の人よりずいぶん老けていたような気がします。
苦労の多い時代を生きた大切な人たち・・・・。
時々思い出をたどっています。

  6月13日
 普段から会話の中に擬音が多いと言われる私。
昨日、電話で話した父が、私が2日ほど前に転んでけがをしたことを
心配してくれていて、「面倒くさくても、もう何日かシュッシュしとけよ。」
と言っていました。そう、『シュッシュ』とは消毒薬のマキロンのことです。
多分、どこのうちでも、傷の消毒をすることを「シュッシュする」と言う
のかもしれないけど、それが父の口から発せられるとなんか意外で
かわいい響きに聞こえたのでした。
 そういえば、実家では、赤ちゃんに顔を上に向けさせようとするとき、
「はい、うーして」と言うところを、オットの家では「はい、のーんして」
と言ってるのを聞いて、ちょっと変な気がしましたが、多数派はどちらなんでしょう?
多分、家によっていろいろ違うんだろうな。「うー」は、もしかして超少数派?
ちょっと周りをリサーチしてみます。

  6月12日
 2日ほどお休みをいただいていましたが、その話はそのうちにさせて
もらうとして、入居者の方の苦情で多いのが、「自分の車の駐車スペースに
他の車が止まっていて困る」というもの。特に、しばらく空いていたお部屋に
引っ越した方からの苦情が多いです。
 夢のある新生活を始める部屋に引っ越したとたんに、よその車がとまってるなんて
腹が立ちますよね。鍵のかかる部屋と違って、駐車スペースは出入り自由だし、
ずっと監視してるわけにもいかないから、いざ退けてもらおうにも、どこに言っていけば
いいのやら・・・。仲介した業者としても、本当に腹立たしいです。
 ましてや誰かわからないけど、いつも同じ車だったりすると、その車の持ち主は
悪いこととわかっていながらやっているわけで、きちんと追加の駐車料を払って
使っている他の入居者さんからしたら、許せない気持ちになって当然です。


 大きなスーパーの身障者用のマークの駐車スペースに、当たり前のように
駐車する人。
 そのスーパーのゴミ箱の横に「それ、明らかに家庭ごみでしょう!」とツッコミを
入れたくなるような生ゴミいっぱいのゴミ袋を平気で置いていく人。
 
やっぱり、「自分がされて嫌なことは人にはしない」というのは、人間としての
最低条件でしょ!そうでしょ?

  6月9日
 やらなければならないことが多いほど気が散って、あちこち少しずつ
手をつけてしまい、結局進まないという悪い癖・・・・。
 なんとかしなければ!

  6月8日
 今週は次々に梅雨入りしそうということで、蒸し暑くてジメジメしたお天気が
続くようになるのかと思うと気が滅入りますが、ずっとカラカラ天気というわけにも
いかないので、雨の日には部屋干しに励みたいと思います。
 梅雨と言えば、アジサイ。最近変わった種類も増えてますよね。
植える土によって花の色が変わるらしいですが、小学生の時、理科の時間だったかな?
アジサイを挿し木にして育てたことがあって、切った枝から根が出て育つ様子を見て
そのあと当分の間、なんでも挿し木にしてみたかった覚えがあります。
当然、挿し木できる木とできない木があるけど、そんなことはお構いなしに
その辺で切ってきた木の枝を水を入れたコップに何日もつけてみたりして・・・。
そのうち水が腐ってくるか、水分が蒸発して窓の外に投げ捨てられていた
かわいそうな植物たち・・・。
 ヨウ素液でデンプンを青紫に染める実験をすると、家にあるヨードチンキをご飯や
サツマイモやいろんなものにかけて試してみたりしたな~・・・。
 ムラサキツユクサの細長い葉っぱを裏表に分けて白い表皮に酢酸カーミン溶液を
かけて細胞の様子を見る授業のあとは、道端の草を手当たり次第にちぎってみたり・・・


もう少しその科学的な興味を伸ばしていたら、また違った自分がいたかもしれません。

  6月6日
 フェイジョアの花も咲いたので、
 
 いよいよ、ビワの実を食べてみることにしました。
 


(えっ、もう2個くらい食べたんじゃなかったっけ?)
(しっ!、あのときははまだ熟れてなかったから、なかったことにして!!)

今回は、袋を外したときにぷぅ~んと甘い匂いが・・・。
これは期待大です。
では、ひとくち。ひとくちで全部食べられるくらいだけど・・・。


    「あっま~~い!!」

思ってたより、ずっと甘いです。スーパーで売ってるよりおいしい!!
何年たっても実のならなかったこの木、よかった、よかった。
しかも、甘くてよかったよかった。




ちっちゃいけど・・・。



完熟を食べてもらいたい人がいっぱいいるけど、みんなに行き渡るかな?




なんせ、ちっちゃいので・・・。


  6月5日
 さっき、いつものノラネコが駐車場を横切っていったと思ったら、確かにいつものトラ柄のネコに
間違いないけど、後ろ脚が片方ありませんでした。思わず、「どうしてそんなことになったん?」
と声をかけてしまったけど、もちろん答えてくれるわけありません。
そういえば、しばらく姿を見なかったような・・・・。
交通事故に遭ったのかな?
傷はもう完全に治ったのかな?
私は何故かネコが怖いので、いつも歩いているのを見ているだけだったけど、
そしてこれからも、何もしてあげられずにただ見ているだけだろうけど、あのネコに辛いことばかり
起らなければいいなと思います。多少不自由そうだけど、悠々と歩いて、向こうの草むらの
中に消えてしまっても、しばらくそこから目が離せない私でした。

  6月4日
 昼間低かったテンションは夕方くらいにはすっかり回復し、夜はRSKの『VOICE21』を
見て「朝市行きたいな~」「あのジェラート食べたいな~」などと言っていたのですが、
とにかく、並ぶくらいなら食べなくてもいいと思ってしまうタイプなので、放送直後には
行ったことがありません。頭の中にメモして、ほとぼりが冷めたころ行ってみようかな
というかんじ。
 そういえばこの間、とあるお店でクーポンを使って平日限定飲み放題というコースを
お願いしたところ(私が幹事だったのです)、内容があまりにも違って「こんなやっつけ仕事
みたいなメニューでいいんですか?」と、お店の人に聞きたくなりました。
確かに、クーポンには、当日の仕入れによって献立の内容が変わりますとちゃんと書いてあるし、
そもそも、安い価格設定なのでいちいち目くじら立てるべきじゃないかもしれないけど、
それだったら初めから「この値段でこの料理を出してくれるなんてすごい!」と思わせるような
メニューにしないでほしい。何事も期待しすぎはよくないのだとあらためて思った夜でした。
 そうじゃないお店もたくさんあるんでしょうけど・・・。

  妹に「マヨネーズ率、高いな」と指摘されてしまった。
確かに高いです。たこ焼きにもお好み焼きにもたくさんかけてしまいます。
タルタルソースも大好きだし、ケチャップとマヨネーズを混ぜた、いわゆるオーロラソース
を初めて知った子ども時代の私、そのおいしさに卒倒しそうになりましたうなりました。

 6月3日
 お客様は千差万別で、こんなにこじんまりした仕事でも、いろんな方に出会います。
感謝したり、うれしかったりすることもあるけど、反対にいやな気持ちになったり、
つらかったりすることもたまにあります。
 いやなことは、いつまでも引きずらないほうだと思うけど、それでもため息が
続くこともあるのです。
 自分がされて嫌なことを人はしないように、そう心掛けているけど、
気づかないうちにそこにわがままでずるい自分がいるかも・・・。
とはいっても、人の顔色ばかりうかがっているような人にはなりたくないし・・・。



堂々巡りになるので、ボビーの顔でもながめて、癒してもらおうっと。
 

  6月2日
 日曜日に知り合いからタケノコをいただきました。
いただいてすぐに茹でたので、灰汁も全然ありません。
あとで調べてみると、とれたてだったら、そのまま焼いて食べてもおいしいとか・・・・.
もったいないことしたな~と思いつつ、昨日はこんにゃくと牛スジと一緒に炊いてみました.
やわらかくなりすぎないように、タケノコはスジとこんにゃくがある程度炊けてから入れます。
しっかり味がしみておいしい・・・・。
昨日の晩酌のおかずに、今日のお弁当のおかずに、大活躍でした。
今晩はこどものリクエストに応えて、チンジャオロースの予定。
もう1回分作るくらい残りそうなので、次は変わった食べ方に挑戦してみたいと思っています。

  6月1日
 さあ、新しい月の始まり、一週間の始まり。

土曜日の深夜のこと、「あおぉぉぉぉ~ん、あおぉぉぉぉ~ん」という悲しげな犬の鳴き声で
目が覚めました。「何?何の声」と耳を澄ますと、どうも犬は犬でもボビーの鳴き声みたい。
隣に寝ていたオットを起こし、
「あれ、ボビーの声じゃない?」
「うん、ボビーじゃ」
「なあなあ、絶対何か変よなあ?」
「うん・・・・・・・」

そうしている間も、悲しげな「あおぉぉぉぉ~ん」は聞こえてきます。
「ただごとじゃない!もしかして急に体がおかしくなって、私たちにサヨナラ言ってるのかも。」
などと考えながら、モタモタしているオットより先に階段を降りようとするけど、降りたところで
目にする光景を想像すると、なんだかひざがガクガクしてきます。
階段を半分降りたところで、玄関ホールが見えるようになるわが家。
そこまで行って、「ボビー?」と呼ぶと、


そこには!!


「何?何か用?」とでも言うような、全く普段と変わらないボビーの姿がありました。

そして、「あっ、もうおしっこの時間?」とばかりに、勝手口に一目散に走っていく後姿。

いったい、あの鳴き声、なんだったんだろ?
玄関の土間のほうから出てきたので、明かり取りの窓から外に何かを見つけたのかな?
泥棒を未然に防いだのか?
まあ、とにかく病気じゃなくてよかったけど、それにしては、この世の終わりのような
悲しげな鳴き声だったのです。
時々は、平凡な生活に刺激を与えてやらないと・・・・と考えてくれているのかもしれません。
けど、そんな刺激は必要ありませんから!

ひさびさのお弁当写真。
  
豚肉と青じそをくるくる巻いて塩コショウ、フライパンで焼いてケチャップかけたの。
塩サバ、ブロッコリーとチキンのマスタードマヨネーズ和え、カボチャの煮たの。


  5月30日
 昨日は、夕方近くなって、これまで経験した中で最上級の腹痛に見舞われました。
ずっと痛いわけではなく、思い出したように痛くなるので、その時には顔がゆがむ思いでしたが、
なんとか予定どおり仕事を終え、さっさと寝ました。でも、痛みのため久しぶりにうつらうつらとしか
眠れず、夜が長かったぁ~。
 今朝は、何が良かったのかだいぶ楽になったけど、これがずっと続くとどうなのかと考えると、
やはり、健康第一だなと改めて感じます。
それにしても、何が原因だったんだろ?
ストレス?・・・・でも、その言葉は嫌いです。

  5月29日
 朝起きたら、とってもいい天気だったからたくさん洗濯したのに、なんか曇ってきた・・・。
花粉症の時期が過ぎて、やっと外に布団やいろんなものが干せるようになったので、
お天気のいい日は何回も洗濯機を回すことがあります。
ただ、今使ってる洗濯機はドラム式の乾燥機付きで、ちょっと厚手のものを洗濯すると、
片寄ってしまうためか、脱水の途中で『ピピピピピー』とよく止まってしまいます。
しかも、何回も水を足してやり直してから、「これ以上はやってもむだです」とでも言うように
止まってしまうので、使い方が悪いのかもしれないけど、「使った水、返して!」と突っ込みを
入れたくなる・・・。実際、洗濯機に向かって「もう~、少々気にせず最後までやってよぉ」と
話しかけながら洗濯物を入れなおしたり、あきらめて手で絞ったり、いろいろやってます。

  5月28日
 あれは、10日ほど前のこと。
区役所にいったあと、近くの信金に寄りました。カウンターで受け付けてくれた
行員さんに見覚えが・・・。若葉マークのついた名札を見ると、記憶と名前が一致した!
上の子と小中学校が一緒だった男の子です。気になって見ていると、手続きの仕方を
先輩行員さんに尋ねながら、真剣なまなざしでがんばっています。「うちの子も、こんな風に
一生懸命がんばってるのかな~。」と通帳を受け取るとき、思わず声をかけてしまいました。
息子のことも覚えてくれてて、「がんばってね」という言葉に元気に返事をしてくれました。
それを横で見ていた先輩行員さんもニッコリされていたので、「この子は、もう職場の一員
になってかわいがってもらってるんだな」と、なぜか安心したりして・・・。親戚のおばちゃんの
ような気持ちでした。


うちの子の働いている姿も、ちょっと見てみたいなぁ・・・。


ストーカーに間違えられるかも・・・。

  5月26日
 ちょっとぉ、奥さん!ビワの実が色づいてきましたよ。
やっぱり、日のよく当たるところは早く黄色くなるようで、思わず写真を撮りました。
それでもって、ほのかに甘い匂いがしないかなぁと思って、クンクンしてみましたが、
匂いは全く無し・・・。やっぱり、売り物になるほどには甘くならないのかな~と一抹の
不安はありますが、あと、何日かすれば我が家で初めてのビワを収穫できる予定。
ちなみに、この写真では大きな実に見えるかも知れませんが、実物はかなり小粒です。

 

  5月25日
 今朝、「遅くなった~!」と言って出かけたむすめが、玄関を出て行くところを
みると、なんと、編上げのブーツに足を入れただけの状態(そうです、編上げられて
いないくて、紐がだらりと下がった状態)で走ってバス停に向かっていくところでした。
「あ~、あんなんじゃ絶対転ぶわ。危ないなぁ。」と思っていると、すぐにガチャガチャと
鍵を開ける音が・・・。
「もう~~~っ、こけた~」と言って帰ってきたむすめの手のひらと、ひざと、ひじから
流血。相当派手に転んだようです。「もう少し余裕を持って出かければいいのに。」
せめて、靴はちゃんと履いていこうよと、カットバンを渡しながら言ったけど、
ちゃんと聞いてるのかな?「もう、バスじゃ間に合わない」と、自転車であわてて
出て行ったけど、遅刻しなかったのかな?ちょっと、ヤキモキした朝でした。

  5月23日
 早寝早起きのオットは、今朝5時には起きていたみたいです。
そろそろ起きようかな、と私が起きたのが5時45分くらい。外から
帰ってきたオットに「何してたん?」と聞くと、「庭の草取り」という返事。
そのあと、おもむろに「メモして!」と、仕事の段取りを話し始めました。
多分、睡眠時間8時間の彼の頭はスッキリしていて、草取りをしながら
来週やらなければならないこととか、いろいろ考えていたに違いありません。
 一方、このわたし、睡眠時間5時間ほど。顔を洗い、今朝のお味噌汁の具
何にしようかなと考え始めたところ。
急に難しいこと言われても、ピンとこないにきまってるじゃないですか。
さっきまで、夢見てたんだから・・・。
「え?どういうこと?」などと聞き返しているうちに、どんどん機嫌が悪くなってきて、
朝から険悪なムードになりかけたのでした。
出かける頃にはいつもと変わらない朝になっていたのですが、あのせっかちな
性格、なんとかならないかな・・・・。


もう、いまさら、どうにもならないですよね・・・・。
 

  5月22日
 前に袋かけしたビワ。ふと見ると、枝がたわんでいます。
「いよいよ、実が大きくなってきたのか???」と、袋を外して見ると・・・

 


なんということでしょう。かなり実が大きくなっています。


まっ、これは、いくつか外してみた中の最も大きな実の写真なんですけど。
あとどれくらいで食べられるようになるのかな~。楽しみだな~。
そういえば、たくさんつぼみをつけはじめブラックベリー。今年は、去年より少しでも
甘ければいいけどな~。

  5月21日
 昨日、何時間か表町商店街にいました。
もう、人間観察が忙しいのなんのって、目の前を通り過ぎる人をじぃ~っと見てしまいます。
塾の帰りかな?お母さんと一緒に歩いている小学校3年生くらいの男の子。後ろからお母さんに
追いつくと、楽しそうに話しながらすっと手をつなぎます。お母さんが差し出した手に自分の手を
持っていったというよりも、磁石がくっつくようにほんとにすうっと自然につないだ感じ。いいなぁ。
親子っていいなぁと、見ていて私の顔も自然な笑顔になっていたはず・・・。
うちの子は大きくなってしまったけど、自分の手より小さな手を握る時の感触と優しい気持ち、
忘れたくないなあと思います。まあ、「もう、早くこっち来なさい!」と、怒って強く握ったことも
何十回もありますけどね。

  5月19日
 昨日、用事があって済生会病院へ行ってきましたが、出入口が北玄関に限定されていて
入るときには、手を消毒してくださいと言われました。当然、マスクをつけている人がほとんどで、
向かいのコンビニではマスクは売り切れ、病院内の売店では一種類のみ販売されていて、
ひとり2枚までの制限があったようです。
 今回の新型インフルエンザは、季節性のものと重症度は変わらないということですが、
これが強毒性の鳥インフルエンザだったらと思うと、恐ろしくなります。
あまり神経質になりすぎるのもどうか、とは思うけど、戦争や大災害を経験したことのない
世代の私たちとしては、漠然とした恐ろしさを感じてしまいます。
 うがい、手洗い、忘れないようにします。

  5月18日
 昨日、遅くにお風呂に入ったあと、急に汚れが気になってお風呂掃除を始めたのですが、
いつもは、コンタクトレンズを外して見ているから気にならない汚れも、眼鏡をかけてみると
ここも汚れてる、あっ、ここも、あれっ?こんなとこも・・・・と磨く範囲がどんどん広がっていき
「あ~~、普段からもっとこまめに掃除しなければ!」という、いつもの結論に達したのでした。

置くだけで防かび効果があるという、銀イオンの出る洗面器。すごく高いけど、本当に効果が
あるのでしょうか? ・・・・知りたいです。

  5月15日
 昨日、ある講習会に行って参考になることをたくさん教えてもらいました。
忘れないうちに実行しないと意味がないんだけど、メモした時点で、8割がた実行したつもりになってしまう
悪い自分がいるので、さっさと行動に移さなくては・・・・。
何かと事を先送りにしてしまおうとするこの性格、なんとかならないかな~。


なんてぼんやり考えないで、資料作り始めます!!
写真は、今日お客様が持って来てくださった鉢植えです。
ありがとうございました。
ついでに、散髪したボビーも。
   

  5月13日
 昨日の夕方、オットと一緒に近くのスーパーへ買い物に行きました。
広い店内に入ると、向こうから来た高校生のカップルが仲良く手をつないで出て行くところでした。
制服の短いスカートからまっすぐな脚が伸びた女の子と、細身の、これまたスラッとした男の子。
本人たちの名誉のため言っておくと、手はつないでいるけど決してベタベタしているわけではありません。


「なんなー、あのクネクネした歩き方は!」
オットの第一声です。
「なんなー」という部分には「まったく、近頃の若い者は」的な気持ちが込められています。

で、この「クネクネした歩き方」の『クネクネ』が私のツボにハマったところなのですが、
本当に、ふたりとも体をクネックネッと微妙に揺らしながら歩いている感じで、うまく伝わらない
かもしれないけど、腰が常に左右にわずかに揺れているというか何というか・・・・。

「『クネクネ歩くな!』って、言えばよかったのに。」と言いながら野菜を見ていると、
その二人がまた店内に入ってきて「やっぱり、クネクネだ~。」と、しばし見入ってしまった私でした。
人間観察はおもしろいけど、そんな私を見て「なんなー、あのへんなおばさんは!」と思っている人が
何メートルか離れたところにいるかもしれない・・・・。

  5月12日
 最近、毎日午後3時ごろになると、どこからともなく「ピィーーーー」という高いアラームのような電子音が
聞こえてきます。なんか気になる・・・。
初めは、家の中からかな?と思ったけど、どうも外からのようで、気候がよくなって窓を開けるようになったから
気づいたのかも。時刻を間違えてセットした目覚ましが、日中の誰もいない時間に鳴っているとか。でも、目覚ましの
音とはちょっと違うみたいなんだけどな・・・。正体のわからない物音は、ちょっと不気味です。
 音と言えば、最近、若者にだけ聞こえる高周波のいやな音があって、コンビニの前でたむろしている子たちを
それで撃退(?害虫じゃないけど)しているとかで、実際にテレビ番組の中でその音を流していました。


   ぜんぜん聞こえません・・・・。


個人差があるかもしれないけど、ちょっとショック。でも、聞こえない音に聞こえるふりをするという大人げないことも
できないので、潔く負けを認めました。オットも聞こえなかったので、妙な仲間意識が芽生えました。

  5月11日
 昨日、とても居心地のいいところに行ってきました。平成13年に、当社の仲介で中古住宅を購入して、
関西から引っ越してきたご夫婦のところです。
 中古住宅と言っても、田舎のものすごく古い建物で、いろいろな調査や確認がとても大変だった物件です。
何とか契約・決済までこぎつけて、私の仕事はそこで大部分終わったけど、そこから奥さんは大変だった・・・・。
契約までに何度も電話で話したり、遠いところから来て下さったり、そうしているうちに、家族ぐるみでお付き合い
できるようになって、忘れた頃に遊びに行かせてもらっているのですが、おじゃまするたびに、『人生の楽園』に出て
くるような家に変わっていってる!もともとの家は、そのままで住めるような状態ではなかったので、あちこち補修し
たり、リフォームしたり・・・。
それも、大工さんに頼むだけでなく、自分で少しずつ。今回は、塀がブロックから渋い漆喰塗りに、畳だった
和室がモダンな白木の板張りに、そしてなんと庭に池ができていました。池は給水も排水もちゃんとしていて、
竹の節をくりぬいて作った立水栓も付いています。ほぼすべてを一人でやってしまうなんてすごい!!
窓を開け放して家の中から庭を見ると目に入ってくる景色が優しくて庭に植えてある草花や、薪ストーブや、
さりげないインテリア、かわいいわんことねこ、なんか、そこにいるだけで癒されるかんじ。
デジカメを持っていかなかったので、ここで紹介できないのが残念です。

8年の間にこんなに素敵な家になるなんて、予想できなかったし、彼女だからできたと思う。
私だったら、とうに投げ出してると自信持って言えるもん。
そして、「この家に受け入れてもらえてる気がする。」とさらりと言えるなんて、懐が深い人。
って、あんまりほめるとお互いに照れくさいと思うけど、仕事で出会えた大切な人の一人です。
あっ、ご主人もとってもすてきな人です。


お土産にと畑で取ってくれたさやえんどうを持って帰るのをすっかり忘れて、
今朝お弁当を作りながら「あのさやえんどうを卵とじにしたら、彩りもよかったのに。」と、
改めてうっかりを後悔した私でした。

  5月10日
 先月の下旬、巣を壊されたツバメはしばらくの間巣を直そうとしていた
みたいだったけど、ゴールデンウィークが始まる前にどこかへ行ってしまいました。
でも、今月になってまたツバメのつがいが巣を直し始めています。
2つ並んである、前回壊されたほうのとは別の巣を選んで、入れ替わり
立ち替わり忙しそう。
 

 

 上の写真が昨日、下の写真が今日さっき撮ったものです。
すごいがんばってる。今度は卵がちゃんと孵って、無事巣立つまで
誰にもじゃまされないでほしいです。

  5月7日
 あっという間にゴールデンウィークが終わってしまい、
今日から通常通りの生活に戻っている人がほとんどだと思います。
この連休中にしたことと言えば、実家に帰ったくらいですが、長いこと
会ってなかったいとこ一家が遊びに来て、この強烈な個性の持ち主の
いとこの面白い話が聞けて、楽しかった~。と言っても、私は睡魔に
勝てず早々に寝てしまったけど、妹や弟たちは2時頃まで起きていたらしく
次の日も寝坊せずちゃんと起きてきたのには感心しました。
 実家では、今どき珍しく、両親と、弟二人がそれぞれの家族と同居しています。
いわゆる『二世代三世帯家族』。お嫁さんが二人ともがんばっています。
商売の手伝い、食事や洗濯などの家事、育児、本当に大変だと思うけど
二人とも明るい笑顔で小姑(いじわるはしません)の私たちを気持ちよく
迎えてくれていつも頭が下がる思いです。いつまでも仲よくしてほしいです。


 いとこが前もって送ってくれていた北海道のウニと毛ガニ・・・・。
ウニは、あの木箱に並んでいるものではなく、塩水に浮かんでいるもの。
とろりとした甘さが最高!どさくさに紛れて、ご飯にたっぷりのせてうに丼にも
しました。毛ガニはみそが濃厚でおいしかったぁ~。身はズワイ、みそは毛ガニ
たまごはワタリかな?などと贅沢なことを考えながらおいしくいただきました。
おいしいものは、人をしあわせにします。楽しい人たちと食べるとなおいっそうです。

  5月1日
 昨日、久しぶりに上の子から電話が・・・。いつも、ほんとにいつも、
「悪い知らせじゃなかったらいいけど。」と思いながら話し始めてしまう私。
悪い知らせだったためしは今のところないけど。
で、昨日の用件は

    『ファジアーノの初勝利の新聞記事送って!』

というものでした。
今、福岡で生活している彼は、携帯でファジアーノの試合経過や結果は
チェックしているらしいけど、記念すべき初勝利を活字でも確認したいというか
噛みしめたいのだそうです。
ファジアーノがJ2に昇格したとき、「就職、岡山ですればよかった。」と言ったのは
まるでウソではなかったのかも。小学校の時にJリーグが発足して、スポーツ少年団
でサッカーをやってたような子たちにとって、地元にJリーグのチームができて、カズと
プレーする試合を観れるなんて言うことは夢のようなことなのだそうです。
就職して、いろいろ慣れないことも多いだろうけど、『今のところ楽しくやっています』
といえるのは、この能天気な明るい楽天的な性格のおかげかもしれません。

  4月30日
 早いなぁ・・・。もう4月が終わってしまう。このゴールデンウィーク、みなさんは
どんなふうに過ごされるのでしょう。海外に行く人は、新型インフルエンザの影響が
かなりあるだろうし、国内で高速道路を使おうと思っている人は、どのくらい混雑するか
出発してみないとわからないというところもあるでしょう。とにかく、皆さんたのしい
お休みが過ごせますように。ずっと、仕事だ!という人、がんばってください。

久々にお弁当の写真を・・・・。
昨日、友達からタケノコごはんをたくさんいただいたので、それを詰めました。
季節感のあるお料理はいいですな。コロッケは、家で作ったもの。お客様が
おいしいじゃがいもをたくさんくださったので、使いました。沖永良部島でとれた
じゃがいもは、大きくて、おいしくて、一生行くことはないかもしれないその島が
どんなところか想像しながら食べています。今日のお味噌汁にも使いました。
あー、ありがたい。ありがたい。
 

  4月24日
 ツバメちゃんががんばっていることを書いたばかりなのに、昨日の朝やけに
キーキーいつもと違う調子で鳴いているな・・・もしかして・・・と見ると、
無残に壊されて落ちた巣の残骸と、卵が割れたのであろうあとが3ヵ所。
もう!!!なんてひどいこと!何者がこんなことをするのかと悲しくなりました。
ツバメのつがいは、外灯の上で途方にくれているように見えます。
あちこち飛び回って、また止まって、お互いに何か相談しているようにも
見えるし、あきらめているようにも見えるし・・・。

 今朝見ると、また少しずつ巣を直し始めているようです。
次の産卵に間に合うかどうか分からないけど、もし、完成したら、今度は
無事巣立つまで誰にもじゃまされなければいいんだけど・・・・。
 オットはツバメの様子に一喜一憂している私をあきれ顔で見ていますが、
立ち上がることもできないような、思いもよらぬショックな出来事は人間にも
起こるわけで、自分の身近なところにある小さなことが(たとえばこのツバメのような)
うまくいくと、自分や周りの人が抱えている悩みや苦しみも、よい方向に向いて行くの
ではないかと思えてくるのです。気休めといえば気休めだけど。

  4月22日
 ツバメが軒先に来ていることは、前に書きましたが、
私がいつも座っている机から外を見ると、ちょうど外灯が目の前にあって、
そこによくツバメがとまっています。たびたび目が合っているような気がするけど、
向こうはそんなこと思ってないだろうなあ・・・・。
ひまな時じっと観察していると、このツバメがよく毛繕いをしているのですが、
首の回転角度が尋常じゃないです。
水平の回転も、上下の曲がり具合も、人間だったらまさにエクソシスト!(古いか)
足も翼の付け根のあたりまで掻けるんだから、相当可動範囲が広いはず。
手が使えないから当たり前なんだろうけど、機会があったらじっと観察してみてください。

そうですか、みなさん、そんなにヒマじゃないですか・・・。

  4月17日
 庭のビワの実が大きくなってきたので、袋かけに挑戦してみました。
本当は1房に1個くらいの実を残して、そのひとつずつに袋をかければ
いいんだろうけど、なんせ質より量!それに今年初めて実をつけたので、
もったいなくて思い切って摘果できず、1房に5~10個の実がついたままです。
しかも、要領がわからないし、ホームセンターで買った一番安い袋は、
幸水梨用と書かれた赤い袋。赤ってびわにはどうなのかな?
橙色にならないで、レモンみたいな色になったりして・・・。
新しい葉っぱがずいぶん伸びてきてるけど、このままでいいのかな。
などと考えながら、なんとか、やり終えたけど、少しは甘い実が
食べられるようになるのでしょうか?何回も袋をはずして見てしまいそうです。
もし、甘い実がたくさんできたら・・・・。まっ、本当にできてから考えよ。
 

  4月15日
 友達と久しぶりに会いました。ごはんを食べながら、話が弾む弾む・・・。
いつまでもお店にいるわけにもいかないので、帰って来てお茶を飲みながら
話が弾む弾む・・・・。
 半年くらい会ってなくても、話し始めると昨日も会ったばかりのような気がする、
そんな友達がいて幸せだなあと思ったひと時でした。メールのやり取りもお手軽で
いいけど、会えるときには顔を見て話したい。これは、友達に限らず、親やきょうだいや
子どもにも言えること。
 むかし、母が入院しているときに、回り道をすれば寄れたのに、なぜかまっすぐ家に
帰ってしまって、付き添いをしていた祖母から何でお見舞いに来なかったのかと、ひどく
しかられたことがあります。そのときの私は、命にかかわるような病気でもないしと
軽い気持ちでそうしたんだと思うけど、祖母にしかられて自分がとんでもない親不孝者
になった気がして、ひどく後悔しました。今でも、思い出すと、とても申し訳ない気持ち
になります。できるときには、できる限りのことをしようと、いつも思うけど、自分の
つまらない意地っぱりがあったり、まわりのしがらみがあったり、なかなか思うようには
いきません。

  4月14日
 久しぶりの雨で、乾燥していた山や緑もほっと息をついていることでしょう。
ツバメが去年の巣の補修に精を出していて、その下にはワラやら土やら糞やら
いろんなものが落ちているので、あ~、これがなかったら、いくら軒下に巣を作って
くれてもいいんだけどなあと思う毎日です。

  4月13日
 自動車教習所に通っている子どもを送っていった時、本来左折しなければ
ならない交差点を直進して、通っていた高校に向かっていた私たち親子。
川を渡る手前になって、「あれっ?高校に行ってるよ」と我に返って進路変更
しましたが、助手席に乗っていた子どもも全然気づいてなかった・・・。
習慣というものは恐ろしいものです。3年間どんだけ、送迎していたかって
ことですよね。

そういえば、給油に行ったセルフスタンドが、春のアウトドアキャンペーン中で、
20ℓ以上給油すると、抽選カードを1枚もらえます。スピードくじになっていて、めくると
当たりはずれがその場で分かるというもの。
コールマンの自転車その他のグッズが当たるというポスターを見ていた私。
スタッフからくじを受け取り、そ~っとめくっていくと
『コールマンペアカップ』
の文字が!「やったー!!ラッキー!週明け早々ツイてるわ~」とお店の人
に渡そうとすると、
「これ、3枚集めるともらえるんですよね」といくぶん気の毒そうな声。
上まで全部めくったくじに書いてあったのは
『Wチャンス チケット3枚でもれなく』という文字・・・・。


そりゃ、一気に最後まではがしてみなかった私が悪いかもしれません。
当たるのは自転車とトートバッグで、ペアカップはWチャンスというポスターを
よく見もせずにくじをひいた私が悪いかもしれません。

でも、できれば、はがしはじめて一番に『残念!』とか書いといてほしかった・・・・。
お店の人が、すぐに「これ、3枚集めると・・・・」と教えてくれたのは、私みたいな
自分に都合のいい早とちりがほかにも結構いるからなのかな、などと考えながら
「じゃあ、集めてみますね!」と早口で言って、そそくさと車に乗った自分が
ちょっと恥ずかしかったです。
     

  4月10日
 夜も暖かくなってきたので、夜桜を見に行こうということになり、
さくらカーニバルをやっている後楽園近くの旭川の土手へ出かけました。
県庁手前のコンビニで缶ビールを1本ずつ買い、相生橋を渡っていると
「あれっ???」
「暗い・・・・」




ライトアップされているはずの桜は見えず、
さくらカーニバルはもう終わってしまっていたのです。
それでも投光器持参で、大きなブルーシートを広げて
宴会を開いている団体さんがいたので、その近くに陣取り
「乾杯~」「ぐびぐびぐび…」

10分ほどで夜桜見物は終わってしまいました。
桜は満開で、風のない過ごしやすい夜。
ライトアップがもう少し延長されていればなあ・・・・。
残念でした。

  4月7日
 昨日、おつかいの帰りに、自分の足音に合わせてなぜか水戸黄門の
主題歌が頭に浮かんで来て、
『じぃ~んせい、らっく あ~りゃ、くぅ~もあっるっさ~っ』
と口ずさんだところで後ろから自転車がす~っと私を追い越して行きました。

髪の長い、後姿(しか見えなかった)若い女性。
あの人、多分聞こえてたはず・・・・。ちょっと恥ずかしかったです。
でも、なんで水戸黄門だったんだろ?

 さて、先週末妹一家が泊まりにきました。5歳と1歳の男の子がいます。
まあ、客観的にみてどうかは置いといて、二人ともかわいい!!
普段大人ばかりなので、泣き声さえもかわいいのです。
朝ごはんのお味噌汁をイスの上にぶちまけても、笑って許せるし・・・。
追いかけられたボビーがいやな顔をしても、「それくらい、我慢してやってよ」と思う。
久しぶりに、大きな遊具のある公園に行って一緒に滑り台を滑ったり、
追いかけっこをしたけど、正直「これ、毎日は無理だな。」と思いました。
でも子どもの笑顔はキラキラでいいなあ。
子育ては体力勝負、がんばれ妹!

  4月6日
 初めて一人暮らしをする学生さんが、次々に引っ越してこられました。
自分の子どもと同じ年頃なので、なるべく、いきなり困ることがないように
と心掛けているつもりなのに、ときどきうっかりミスをしてしまいます。確認は
念入りにしなければ。
 でも、自分なりに役に立てばと思って準備したことを、ご本人や親御さんに
喜んでもらえると「この仕事をやっててよかったぁ」と、またがんばろうという
気持ちがむくむくと・・・。
 どの親御さんも、子どものことを心配しているのがよくわかります。
引越しの準備や入学の手続きを通して、子どもは子どもなりに親の愛情を
再確認していると思うんだけど、どうかな?
新生活の一歩を踏み出した人、がんばれ!
そして、去年引っ越してきて、一年過ぎた人。もう、一人暮らしにすっかり慣れましたか?
寂しくなかったですか?友達できましたか?ご飯ちゃんと食べてる?・・・・と聞いてみたいです。

 しつこいけど、わが家の桜、満開になりました。
 
今週末、もう散りはじめてると思うけど、夜桜宴会しようかなぁ・・・。

  4月3日
 昨日出かけた帰り道、後楽園のそばを通りました。この時期
混んでいるとわかっていても桜を見るために回り道したくなります。
   
右の写真、中央の奥に岡山城が写ってるのわかるかな?

去年ほんの少しだけ花が咲いたわが家の桜も、今年はたくさん咲き始めました。
  軒下のつばめも巣の修理を始めたし、
生命の息吹を感じる季節です。昨日、子どもの入学式で理事長さんが
「置かれた場所で咲く」というお話をされました。与えられた場所で、自分に
しか咲かせられない花を咲かせましょうと、簡単に言えばそんな話ですが、
その静かな声とともに心にすっと入ってくる内容でした。
いいお話だったなあと思い出しながら後楽園近くを通ると、お花見をしながら
お弁当を食べている人がたくさん・・・。うらやましい!今年は、もうお花見
できる日はないかな?と、頭の中にスケジュール帳を広げ始めた切り替えの
早い私でした。

  4月1日
 今日から4月。1日違うだけなのに、空気がピンとしている感じがします。
わが家ではなく、世間一般ですが・・・・。今日から岡山市は政令指定都市に
移行ということで、そちらのほうはあまり実感がないけど、とにかく今年度も
がんばろう!

  3月30日
 桜がほころびかけてから寒い日が続きましたが、今日の暖かさで、
一気に満開に近づきそうです。
年度がわりで引越しの多い時期なので、入学式が終わるころまでは
あまり雨が降らないといいんだけど・・・。

さて、最近読み終わった小説の話。東野圭吾の『幻夜』。『白夜行』の第二部
らしいけどそっちのほうはまだ読んでいません。でも、私が読んだ限りでは、
『幻夜』は独立した一篇の小説として十分読み応えがあり、結末では「この先
主人公がどうなっていくのかぜひ知りたい。このまま成功し続けるなんてことは
許されないだろう。」と思うものの、登場人物それぞれの生活が丁寧に書かれて
いて、どの人にもそれなりの共感を覚えながら、どんどん読み進んで行ってしまう
内容でした。さすがに主人公にはこれっぽっちも共感できませんでしたけど。
長い話だけど、機会があったらぜひ読んでみてください。

  3月27日
 最近、二人だけでごはんを食べることが多いオットと私。
今日は、鉄板焼きにしようということになり、夕方一緒に買い物に行きました。
そうそう、となりの無人精米機にも寄らないと・・・。
と、まずはスーパーで食材を物色。
「そういえば、ビール、もうなかったよ。プリン体85%offのじゃないといけんよな。」
「焼酎も全部飲んじゃったよなあ。」
「この缶チューハイ安いから買っとこうか。」
と、次々に買い物かごに入れてレジに並んだところで、オットは「精米しとくから。」と
店の外へ・・・。
前の人、たくさん買ってるなあ。隣に並べばよかったなあなどと考えつつ、財布の
中をみると、千円札ばかり!!『あれっ?一万円札入れてなかったっけ??』と、
そこから、私の暗算が激しいスピードで始まりました。足りなかったらどうしよう。
これは要りませんて言えんよぉ。後ろに人たくさんならんでるし、オットを呼びに行っても
財布持ってきてるかどうかわからんし。そもそも、精米代200円ちょうだいって、
持って行ったし・・・。そんな事を考えながらも、7000円あれば足りると計算できて、
千円札が8枚あるとわかったときの安心感。もう、ほんとによかった~。久々にへんな
汗が出そうになりました。

  3月26日
 今日は、午前中、道の狭いところにある物件の調査に行くために自転車に
乗ってきました。
 青空が広がっていたけど、風が強かったので、だいじょうぶかなぁと
思いながら出発しましたが、やっぱり冬とは違う!気持ちよく風を受けて
走れました。まあ、その結果お昼ごはんをおなかい~っぱい食べて
しまったのですが・・・。
 今日乗った自転車は、下の子がひと月ほど前まで使っていたもの。
彼女は、黒いかっこいい自転車を、いただいた入学祝で買って、スペイン語の
名前までつけて乗り始めたので、私が用事のあるときに使うことにしたのです。
 自転車といえば、上の子もこの間新しいのを買いました。自転車屋さんに行って、
ああでもないこうでもないと迷い、グレーの、これまたかっこいい自転車に決めたとき、
下の子が「お兄ちゃんも、自転車に名前つけたらいいが、愛着がわくし。ちなみに
私のは○○○よ」と言うので、思わず「お母さんの名前つけて!なんかいつも一緒
ってかんじするし。」と、言ってしまった私・・・・。息子はひややかな目で私を見つめ
「もう、勘弁してや~!どこの世界にお母さんの名前を自転車につけるやつがおるん?」

いや、冗談だって、冗談。
私も、そこまで望んでないし、とっさに言ったことが恥ずかしかったもん。
せめて、「『ボビー』にしたら?」くらいにしとけばよかった。
もうほんとにいい加減にしとかないと、『親バカ女王』の称号をもらってしまいそうです。

3月23日
 福岡の妹が家を建てたので、お祝に行ってきました。
桜並木のある道に面しているので、家の中からお花見ができます。
しかも、今年は開花が早くて、目の前の桜がみるみる咲いていきます。
気が付くと「きれい!」と言っていたというかんじです。
 上の子も出発しました。新しい季節、新しい生活が始まります。
がんばろう!!
 

  3月18日
 昨日も今日も、制服をきて誇らしげな子どもたちとそのお母さんが
歩いている姿をたくさん見ました。あちこちで卒業式です。
「春はいいなあ~」と書きましたが、お別れの時期でもあるので、
それはちょっと寂しい・・・・。人は、出会いと別れを繰り返しながら
成長していくんだから、仕方ないと言えば仕方ないんだけど。
 一度は途切れてしまった繋がりでも、思わぬところで思わぬ時に
また繋がることもあるから、楽しかった思い出を大切にしまっておかなくては。
と、考える毎年のこの時期です。

 3月16日
 実家の母が福岡の妹のところに行った時、近所の人に
もらって食べたビワがおいしかったからと、種を持ち帰って
家の庭にうめてもう何年経つか・・・・。多分、5年くらい?
木の勢いはよく、すくすく伸びて花は咲いていたけど、
結実することはありませんでした。でも、なんと!
今年は実が大きくなっているのです!!
去年、きちんと剪定したのがよかったのかなぁ。
たくさん付いていた花は実が大きくなり始めたものを残して
ぽろぽろ取れてきていて、袋かけしたほうがいいのかな?
でも、どのタイミング?とか思いながら見守っています。
 
実は、どの程度甘くなるのか、去年のブラックベリーのように
期待が大きすぎるとガッカリ度も大きいので、あまり期待せずに
待とうと思っています。
 去年初めて咲いた桜のつぼみも、今年はたくさん付いているようなので
こちらもとっても楽しみです。
 
 あ~、春はいいなあ~。

  3月13日
 今、息子の大学の友達が遊びに来ています。
といっても、今日、二人とも帰ってしまうんだけど。
一昨日、昨日と夜は大盛り上がり。なぜか、特にオットが・・・。
もう楽しくて楽しくてしようがないようで、お酒が進む進む。
それぞれが中学・高校の時にやったイタズラの話をしたり、
食べた給食の話をしたり。ジェネレーションギャップはあっても、
学生時代にやっていることは、大して変わりがないのかも・・・。
いい友達に恵まれて、息子の大学生活は充実していたに違いない。

お天気の良かった昨日、せっかく岡山に来たんだから、
倉敷にでも行ったらとすすめたのに、観光地らしいところにはほとんど
行かなかったあの三人、昨日帰ってきて「どこに行ってきたん?」
と聞くと、「ラウンドワン」だって。岡山じゃなくても行けるんじゃないん?
って思ったけど、最近の若者はそんなもんなのかもしれません。

 うちで飲んで食べて、しゃべって笑って・・・。息子とその友達とお酒が
飲めるなんてうれしいことです。たとえそのせいで、昨夜からオットの足に
痛風発作が絶え間なく襲って来ていて、今日仕事を休んで病院に行ってたとしても・・・。
痛みにのたうち回るお父さんを、娘が冷ややかな目で見ていたとしても・・・。

  3月11日
 
 彼らは、Wiiでビリヤード対戦中です。
「うぉ~」とか「あぁ~」とか「よっしゃ~」とか「はぁ~?」とか
「なんで?」とか「うそぉ」とかあらゆる擬音や感嘆詞が飛び交います。
「ごはんできたよ」と言っても、勝負がつくまで待たされます。
「おかず、冷める・・・」とつぶやくと、写真左のお父さんのほうが「もうすぐ終わるって
言ようるがぁ」と逆切れします。下の子と顔を見合せて、しばし待ちます。
息子が帰って来てから、ほぼ毎日夕食前に繰り返される光景です。
二人はよく似ています。
息子も、オットのようなお父さんになるのでしょうか・・・・。
幸せ親子の後姿です。

  3月10日
 今の時期に決めたいと、家主様が家賃1ヶ月サービスを決めてくださった物件。
日頃お世話になっている業者さんへ、早くこの情報をお伝えしなければ・・・と、
電話をして「よろしくお願いします!」と最後に言おうとすると(言ったあとだったかも)
「ふっふっふっ、エールさん、ひとりごと時々読んでますよ。」いつも、にっこり笑ってくれる
イケメン店長さん(初めてお目にかかった時は、不動産屋さんに見えなかった・・・)が
言いました。うれしいけど、恥ずかしい。家族(特にオットとお気楽息子)のアラ探しを
していることが多いので、ほんのちょっぴり申し訳ないような気もするし・・・・。
って、そこまで深~く読んでいる人はいないですよね。
時々、何年も前のを読み返してみると面白いので、日記代りということで
なるべくマメに更新していこうと、たった今、決意を新たにしました。

 お気楽息子は今、うちで毎日ダラダラのびのびした生活を送っていますが、
食事に何を作っても「うまっ!これ、すっごいうまい!」を連発します。多分、晩ごはんの
ときなどは10回くらいうまいうまいと言っています。うれしいけど、4年間どんなものを
食べていたのか気になります。母親へのリップサービスということも、多分にあるかとは
思いますが、あと10日ほどでまた一人暮らしに戻るので、それまでの間はせっせと
手料理を食べさせたいと思います。でも、彼の体型は最近・・・・・・。
 
  3月9日
 昨日の日曜日、私は子どもたちと桃太郎スタジアムにおりました。
そうです、ファジアーノの試合を見に行ったのです。オットは、サッカーを
していたくせに、昨日は他にやりたいことがあると言って一緒ではなかったけど、
親子3人、大きな声を張り上げて応援してきました。特に、上の子は開場前から
「もう、わくわくする~。岡山にJリーグチームがあるなんて・・・。」と、ずっと
興奮しっぱなし。その情熱を、これからの仕事に注いだら、出世街道まっしぐら
じゃないかと思うくらい・・・。
グランドで走りまわる選手はとてもかっこよかったですが、並んで歌ったり叫んだり、
拳を突き上げたりしている子どもを見て、いくつになっても、こんなふうに
仲のよいきょうだいでいてほしいなあと、そっちのほうが印象に残った私でした。
 

  3月6日
 わが家の冷戦は終戦を迎え、上の子の大学卒業も確定し、実家にもうれしいことが
あったりして、昨日はいつになくなごやかな感じで夜が更けて行きました。
 今朝起きて、オットがゆうべ見たという夢の話をしてくれました。
とある専門学校に通っているらしいのです。しかも、高校生くらいで、
男子女子共学。地味だけど面倒見のいい女子がいたんだって。顔は思い出せない
と言ってました。その専門学校ではお好み焼き屋になるための勉強していたそうです。
確か、2日ほど前に聞いた夢の話では、魚市場の中の工場に就職して、カニの加工
をしていたそうです。仕事を教えてくれる先輩が、たびたびカニをつまみ食いするらしく、
「やっぱり、多少はつまみ食いしていいんだな」と思ったとか・・・。
 ズバリ、どちらもオットの大好物。特に、カニはここのところ、ずっと「食べたい食べたい」と
言っているもの。夢に見ているなんて・・・、カニみそのたっぷり入ったズワイかワタリを食卓に
どーんと乗せたいけど、お高いので無理。
せめて、定額給付金で・・・・。いや、早まるな。使い道はよく考えて決めよう。

  3月4日
 今日、臨床検査技師専門学校時代の後輩に会いました。
もちろんその子(客観的には『その子』ではないけど)は、病院で働いています。
卒業して20年以上たっても、覚えてくれていたのは学生数の少ない学校だったから、
しかも、その場に引き合わせてくれた先生がいたからだと思うけど、なんか、感激
しました。設備の整った大きな検査室で働いている姿は、とても頼もしく見えました。
検査技師として働いたことのない私だけど、一緒に学んだ人たちが患者さんのために
働いて、診断や治療の一翼を担っているのだと思うと、ちょっと誇らしい気持ち。
私も、がんばらないといけないな!と思って帰ってきました。

でも、家の中ではオットと冷戦中(ケンカというほど大したことじゃないけど)

新聞の今日の運勢。
私、『成り行き任せでうまくいく強運日。悠然と』
オット『好きな人とトラブルに。己から折れて正解』
まあ、好きな人が当てはまるのかどうか分かりませんが、私に分があるような気がします。
帰ってきたら見せてやりたいけど、火に油を注ぐといけないので我慢しようっと。
  
  3月3日
 今日は、ひなまつり。昨日スーパーに行ったら、ちらし寿司用の食材が
これでもか!というくらい並んでいました。けど、今日の予定はうどんすき。
雪がちらちらするくらい寒い日なので・・・・。
 先月末、退去予告が次々に入りました。どの物件も補修や清掃が終わるのは
4月上旬になるだろうから、時期を逃さず次の入居者さんが早く決まればいいな
と思っています。そうかと思うと、結構家賃設定が高い新築1LDKの物件が
すぐに満室になったり、今は一人暮らしを始める人が多い時期だから当然と
言えば当然なんだけど、どの物件もまんべんなく・・・とはいかないもんです。


 そうそう、一昨日は下の子の高校の卒業式でした。オットと二人で出かけましたが、
校門を入ったとたん「もう、送って来ることもないんだなぁ」と思うとぐっと来て、受付で
「おめでとうございます」と在校生に言われて「ありがとうございます」と答える声が
ブルブルふるえて、我ながらちょっと恥ずかしかった・・・・。式の最中は、泣いたり笑ったり、
斜め前のお父さんがハンカチでさかんに目や鼻のあたりを拭いているのは、
感動して泣いているのか、花粉症なのかどっち?と、とっても気になったりしていました。

最後に在校生が歌ってくれた『草原の別れ』。胸に響きました。
旅立ちを迎えた皆さん、おめでとうございます。

  2月28日
 いよいよ、春の部屋探しもピークという感じで、当社は当社なりに
忙しくしています。
 たくさんある不動産屋の中から、選んで来てくださるお客様には
良い物件を紹介したいし、普段から何かと気にかけてくださる家主様
にはどんどん入居者をお世話したいし、資料請求に気持ちよく応じて
くれる業者さんの物件には早く入居者を紹介したいし・・・・。
考えすぎると夢に見てしまいますが、つながりを大切にして仕事を
続けて行きたいと思います。
 明日から3月。どんどん春が身近になってくると思うと、うれしくなってきます。
庭の桜、今年も少しは咲くかな?

  2月26日
 昨日、入口にまた何かがぶつかる音が・・・。
この間のスズメと同じように、うずくまっているのかな?と
思って見ると、
 
こんなかわいい、たぶんメジロ。やっぱり動けなくなっています。
あんまりかわいいのでそぉ~っと背中を撫でたら、ぴくっと
我に返ったように少し飛んで低い枝に止まりました。
 
そのあと、すぐに飛び立って姿が見えなくなってしまったけど、
調べてみると、梅の蜜や果物が好きだそうで、そんなに珍しい
鳥ではないみたい。また、見られるかもしれません。

  2月25日
 昨日、仕事が終わってリビングへ入ると、一足先に帰っていたオットが
ものすごくニヤニヤした顔で振り向きました。そりゃあもう、「気持ちわるっ!!」
と大声で言いたくなるくらい。その言葉を飲み込み、「どうしたん?」と声をかける
と同時にテレビから歌が聞こえていることに気づき、「中森明菜見ようったんじゃ」と
言う答えを聞くと同時くらいに、画面に映っている20年近く前のコンサートの様子に
気づきました。なんでも、コンサートのビデオを手に入れたらしいのです。
 「やっぱりこの頃の明菜が一番かわいいのお」などとうれしそうに見ているオットに
激しくおじさんを感じた瞬間でした。オットいわく、自分たちの年代の男性は、みんな
中森明菜のファンだったそうです。そのあとも、「おっ、『セカンドラブ』これが一番
好きなんよな」と、言いながらごはんを食べるオットを若干冷ややかな目で見ていた
私でした。

  2月24日
 昨日、お部屋を決めてくださったのは、今春進学の方。
ご家族で内見に来て下さいました。このHPをチェックして
下さっていて、とてもうれしかったです。初めて子どもに
一人暮らしをさせるので心配されているようでしたが、
自分の経験から言って、子どもは親が思っているより
しっかりしているようです。でも、多分子ども自身が
思っているほどはしっかりしていないと思う・・・・。
 今日、福岡へ引っ越していく息子は、昨日午後の時点で、
「全然部屋が片付かん。ははは・・・」と泣きそうに笑っていました。
大学生の一人暮らしから、社会人の一人暮らしに変わって、
どんなふうに成長していくのか、楽しみです。
写真はこの間実家に帰ったとき、5才の姪っ子におしゃれさせられたボビー。
面白いからケータイで撮りました。とっても、めいわくそうだった・・・・。
   

  2月19日
 卒業を控えたむすめは、とある太っ腹な方に誘ってもらって、
泊まりがけでカニを食べに行ってます。昨日の夜は、お腹いっぱい
カニを食べたはず・・・。
 そんな子どもに負けじと、昨晩はオットと一緒に焼き鳥を食べに
行きました。(カニは高いので、無理!)
「白肝なんで、おいしいと思うよ。」と言われた鳥刺しの盛り合わせは
そのとおりおいしかった。焼き鳥のほうも、ずり、つくね、かわ、きも、
手羽・・・、と全部とってもおいしかった。

ただ、店内のどこにも値段がありません。

結局、びっくりするようなお会計にはならなかったけど、支払いを
気にしないで、食べたい物を食べたいだけ食べてみたいものだ
と思った夜でした。

カニとかふぐとか回らないお寿司とか、目の前で焼いてくれるステーキ
とか、見たことはあるけど飲んだことはない焼酎や日本酒の並んでいる
ところとか・・・・。

  2月17日
 冬に逆戻りしたような寒さで、昼間は雪もチラチラしていました。
年に一度くらいは積もってほしいなあと思いますが、今シーズンは
なんだか積もりそうにありません。
 雪が、すべての音を吸収してしまっているのではないかと思うくらい
静かな雪道を、ギュッギュと長靴で雪を踏みしめながら歩いていた
あの頃に戻って、少し離れたところから幼い私たち一家を見てみたいです。

  2月14日
 今日はバレンタインデー。
水曜日に天満屋の地下に行ったら、人、人、人、
すごいことになっていました。店員さん達も妙にテンション
が高かったような・・・。バラ売りの宝石のようなチョコを
見ていると、自分チョコを買う人の気持ちがわかるような
気がしたけど、オーダー用紙に数を書きこんで並んで待つ
というようなことはとてもできなくて、さっさと用事を済ませて
帰ってきました。
それにしても、宝石のようなチョコレートは・・・高い!

  2月13日
 可燃ごみが有料になったので、生ゴミを減らさなくてはと、
白菜やキャベツの一番外側の葉を、庭のすみにある畑に
無造作に放り投げておりました。ボビーは水菜が茂っている
畑の中央にまでは入っていかないので、なるべくそのあたりを
ねらってポイッというかんじ。
 昨日の夕方、ふと見ると庭に出したボビーが、捨てた白菜を
ワシワシかじっています。そりゃあもう、一心不乱に・・・・。
もうずいぶん前に、植えてある白菜が巻ききらないうちにワシワシと
食べてしまったことはあったけど、普段大根の葉や水菜にはわき目も
ふらないのに、白菜は特にお気に入りのようです。
ベストショットを撮ろうとしたけど、デジカメを持って出たときには
もうおおかた食べ終わってしまっていて、写せたのは口の中に
入れた残りを一生懸命咀嚼している後姿のみ。
 

  2月12日
 わが家に遅ればせながら、Wiiがやってきました。
いままで、ゲームとは無縁だったのに、『なぜ今さら?』と
いう気がしないでもないですが、体のことも考えて、Wii Fit
を購入することになったのです(某家電量販店のポイントが
今月末で無効になるのです)。
 オットとむすめと私。バランスゲームをやってみてわかったこと。
むすめと私は、かなりの負けず嫌い。
お互いにかなり本気で競ってしまいます。
しかも、負けるとくやしい・・・。
といっても、まだ一晩やっただけなのですが、これから
本当にバランス感覚が養えて、すらっとした体になっていくのか
はたまた、三日坊主で終わるのか、楽しみです。

  2月7日
 昨日、出先で出会った看板。
 
 『友人11時になったら去れ、其れが友情だ 明日がある。』
大学近くの古いアパートの壁にありました。
デジカメを持っていたので、思わず撮ってしまったけど、自分たちの
学生時代にタイムスリップしたような気持ちでした。
看板はまだきれいで、何十年前からずっとそこにあるというかんじでは
なかった・・・・。同じ言葉の何代目かの看板なのかな?
この、管理者という人に会ってみたいような気がしました。

  2月6日
 昨日、久しぶりに自転車で物件写真を撮りに行った帰り、
福岡製菓でバナナカステラを買ってしまいました。工場併設のお店
(というよりは事務所兼お店?)で、出来たてアツアツを買うことができます。
そばに置いてあったビーンズせんべいも買ってしまった・・・。ほおばりながら
帰りたい衝動を抑えつつ、急いで事務所に帰って一口食べると端っこは
かりっとしていて、真中にいくほどふわふわであんこはほかほか。
続けざまに2本も食べてしまいましたとさ。せっかくカロリー消費したのに・・・。
時々無性に食べたくなります。でも、1本40円て・・・。大きさは違うけど、
ちまたで増えているタイ焼き屋さんと比べると、できたてならバナナカステラ
に軍配を上げてしまうかも知れんません。ちなみに、昨日店頭で張り紙を見るまで
『バナナまんじゅう』だと思いこんでいました。
 
ボビーは欲しそうに見てたけど、自分の口に入れるほうが
忙しかった・・・。 
 

  2月5日
 事務所のエアコンが効かなくて、ストーブを使ったり、ハロゲンヒーターを
使ったりしていると、オットが「電気屋さんに見てもらったら?」と何度も言うので、
やっと電話しました。使い続けていると自然に直るのではないかと本気で信じている
と思われても仕方ないくらい、オットの助言を無視し(無視していたつもりはないんだけど)
毎朝リモコンをピッと押していたのは何故か?考えてみました。


単なるズボラが8割
指図されたようで反抗的だった、1.9割
本当に自然に直ると信じていた、0.1割
という結論に達しました。

自分ちの細々した修理や交換は面倒でなかなかできませんが、
入居者の皆様からのお願いには、迅速に対応させていただきます・・・・。
そうしているはずです・・・・。

リビングの電球が切れているのも、早く交換しないといけないのになぁ・・・。
脚立を出してくるのが面倒で、
これはズボラ10割です。

  2月3日
 今日は、岡山市のゴミ収集が有料になって初めての収集日。
ということで、役員をしているということもあって、自発的にゴミステーション
の様子を小一時間見ていました。
 皆さん、黄色い有料袋にきちんと入れておられます。
通りがかりに捨てて行くような人もいませんでした。まぁ、そばで見ている
人がいたら、そんな大胆なことできないと思うけど・・・。
ちょうど、スーパーの駐車場に入っていくところにゴミステーションがあるので、
こちらに曲がってくる車も多く、ことさらゆっくりこちらを見て通り過ぎる車を
見ると、「あっ、あの人無断で捨てようとゴミを持ってきたけど、私がいるから
『ちっ!今日はだめだ』って断念したんじゃない?」と、疑いの目を向けてしまう
自分が随分いやな人間に思えたりしてしまいました。まっ、いつもの自意識過剰
というやつです。

  1月31日
 鳥取に住んでいる友達が、子どもの受験で岡山に来ていて、
せっかくなので晩ごはんを一緒に食べました。その子どもちゃんと
なぜかオットも一緒です。まぁ~、そのぉ~、きれいな人なので・・・・。
 1年ぶりに見る彼女は変わりなくきれいで、昔話やら最近の話やらに
花が咲いたわけですが、食べていたおでんの玉子の黄身が気管に
入ってしばらくの間咳きこんでしまい、何か話そうとしても咳のほうが
先に出て、大変なことになってしまいました。口の中のものをぶちまけ
なくてよかった~。
 昨日は受験生を持つまた別の友達とも話したので、改めて、まだまだ
みんながんばっているんだ。実力を出せるよう、がんばって!!と
思った一日でした。

  1月30日
 息子から、卒業旅行に行くからというメールが来ました。
「どこに行くん?」と聞くと、「黒川温泉」という返事。温泉て・・・。
友達(男の)と何人かで行くみたいだけど、黒川温泉は、
私から上の年代の人が、夫婦とか友達同士で行くイメージなので、
「なんでまた?」という感じです。それにこの間、熊本とか阿蘇とか
行ってきたんじゃなかったっけ?
まあいいや、でも、私も行きたいなぁ~。
少し暖かくなってきたら、みんなで行けるといいなと思っています。

  1月28日
 いつまでもふぐの写真がトップにあると、いろんなところから
不満が聞こえそうなので・・・・。
 さて、春を迎えて少しずつ忙しくなっている私ですが、
今春大学を卒業する上の子が、岡山には帰ってこないで
福岡に就職することになったので、そろそろ住む所を探さないと
いけません。大学に入学するときは、トンボ帰りで部屋を探しに
行ったけど、あれから4年・・・。息子ももう立派な大人(外見は)。
自分で身の丈にあった部屋を探してくるはずなので、バタバタせずに
本人に任せるつもりです。


でも、気になる・・・・。心配・・・・。


いかんいかん、自立させなければ、子離れしなければ・・・。


事実、いままで、大学を卒業して就職のために部屋を探しに来たお客様で
親がついてきた人なんか一人もいないのだ。客観的に見て、そんな子は
マザコンと言われるのだ。

それよりも、まず無事卒業できることを祈らなければ・・・。

  1月26日
 叔父夫婦は、大変なごちそう持参で来てくれました。
ここで、その画像をお見せするのは、なんだか嫌味な気も
しますが、敢えてお見せします。
  
 
いわゆる、『ふぐ』メインなわけで、ウナギもナマコももちろん
おいしかったわけで、でも、すべての中で『白子』が口に入れた
さきからとろけていってめちゃめちゃおいしかったわけで・・・・。
あっ、下の画像で、斜め上にある空の皿は、てっさがあっという
間になくなってしまったあと、というわけで・・・・。


 「大根おろしと、ネギだけ用意しとき」という言葉通りの太っ腹な
ごちそうに、アルコールの量がどんどん増えていった夜でした。

  1月24日
 今日、母方の叔父夫婦が泊まりに来ます。
よく、おいしいものをごちそうしてくれるありがたいお二人です。
まあ、お兄さんと言ったほうが自然な歳の差なのですが・・・。
この叔父の奥さんつまりおばさんは、主婦の鑑のような人で、
私たちがたまに遊びに行かせてもらって思うのは、「はぁ~、
いつ来てもきれいな家…。」ということ。四六時中掃除している
というわけでは決してないのに、どこをみてもピカピカなのです。
もちろん、料理も上手だし、優しいし、適度におちゃめだし。
 朝から、いや昨日の夜くらいから、目につくところを拭いたり
磨いたりしている私。「ここ、汚れてるよ」なんて決して言われない
けど(思っても)、なんか、『きれいにしとかないと!』と思ってしまいます。
ここのところうちに滞在している私の母(つまり、叔父の姉)も、今朝は、
なぜか流し台を丁寧に磨いていました。

今晩は楽しく飲めそうです。

  1月23日
 昨日、オットにニヤリと笑って「コレステロールとγ‐GTP高いよ!」
とは言ったものの、食生活は私の領域なので、気をつけなければ・・・。
でも、同じもの食べてるのに、なんでかな?体質ってやつかな?
などと考えながら、この日の晩ごはんはカキフライ。
寒い夜のアツアツ、サクサクカキフライは我が家の大好物です。
ただし、揚げ油は『コレステロールゼロ』と大きく書かれているもの、
タルタルソースを作るマヨネーズも『コレステロールゼロ』というもの
を使いました。効果あるんでしょうか・・・・?

  1月22日
 10日ほど前に献血にいった時の検査結果が届きました。
 
 異常なしです。健康です。
一緒に行ったオットの結果も届いたけど、オット宛なのでまだ開封していません。
あー、早く中を見たい!そして、「やっぱり、お酒は控えめにせんといけんよなぁ~。」
とニヤリと笑って言いたい!

  1月21日
 風邪気味のためマスクをしていますが、鼻と口をすっぽりと
覆われているため、なんか息苦しいです。母は、夜もマスクをしたまま寝ると、
次の日は楽になってるよ、と言いますが、熟睡できそうにありません。
 私はインフルエンザではないけど、年明けから患者数が激増している
らしいので、人の多いところに出かける人は、気を付けてください。
 受験生の皆さんも気をつけて!

  1月19日
 お正月が明けて、仕事はじめの日にあったオットの健康診断の
結果が帰ってきました。年末年始、ともすれば明るいうちから飲み始める。
という環境の中いい結果が出るはずもなく、今年もγ‐GTPは高めでした。
やっぱり中性脂肪、コレステロールも高いので、食生活を見直さなければ・・・。
 で、契約書を届けたついでにちょっと回り道をして、お豆腐屋さんへ。
ここのお豆腐、豆の味が濃くてときどき無性に湯豆腐にして食べたくなります。
他に、厚揚げやがんもどき、ゆばなどいろいろ売っていますが、今日は
お豆腐だけをレジへ・・・。レジの脇に、おから入りマドレーヌが一口大に
切られて試食用に置いてありました。どんな味かな~食べてみたいな~。
と思ったのもつかの間、「360円のお返しです。」と言う、店員さんの声に
「これ、いただいていいですか?」と言う言葉をごっくんと飲み込んだ、
お昼ごはん前の内気な私でした。

  1月14日
 1週間ほど前から、ボビーの元気がなくて(食欲はモリモリ!)
抱き上げたり、胸をさわるとキュ~ンキュ~ン痛そうに鳴くので、
とうとう病院に連れて行きました。
 レントゲンを撮った結果「頚椎の椎間板ヘルニア」だそうで、
痛み止めをいただいて帰りました。内臓の病気を心配していたので、
ひとまず安心して、晩ごはんの後、薬を飲ませると、30分も経たない
うちにすごく身のこなしが軽くなっている・・・・。あんなにとぼとぼ
首を持ち上げられない状態で歩いていたのに。この、変化の速さは
何??と苦笑いしてしまうほどです。オットは、「普段痛み止めなんて
飲むことがないからすっごく効くんじゃない?」などと言っていましたが、
痛がり始めてどれくらいで気づいて、何日で病院に連れて行ってくれるか
もしかしてボビーは、私たち家族の愛情を時々試しているのでは・・・?
と疑ってしまった私でした。それにしても、診察代と薬代で12,000円。
お正月明けだからこそ、いや、お正月明けでなくても、痛い出費でした。

  1月6日
 昨日から仕事を始めていて、ひとりごとも新しいページを
作ってまずはごあいさつ、と思っていたのに、うまく作れなくて
四苦八苦しているうちに、急ぎの契約が決まったりして、
とうとう、今日に持ち越してしまいました。

なんで、できなかったんだろ?

今年はこの調子でなんで?なんで?と自問自答する年に
なってしまうのかな?
周囲を取り巻く環境は厳しそうですが、普通に過ごせる幸せを
大事にして、日々を送っていきたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。